重要刀剣
備前國福岡一文字・備前國長船長光・大慶直胤・固山宗次・越中守正俊・末左・来國次 来國長・三池光世・越前康継(二代)・備後國古三原・河内守永国 他
特別保存・保存刀剣など
津田越前守助廣・肥前國忠吉(初代)・水心子正秀・手柄山正繁・山城國長谷部・大慶直胤・備前國古一文字・古伯耆貞綱・了久信・長船孫右衛門尉清光・固山宗次・月山貞勝・同田貫次兵衛・泰龍斎宗寛・金剛兵衛盛重・下原康重・近江守久道・水府住勝村徳勝・池田一秀・月山貞一・備州長船祐光・千手院・直江志津 他多数
現代刀
吉原荘二國家・河野貞光・河野國光・源盛吉・金剛兵衛盛高・濃州関二十五代兼房 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


刀 肥後國住赤松太郎兼裕作
写清麿 丁亥年七月吉日(平成十九年)


Katana:HigonokuniAkamatsutaroKanehiroSaku



現代・熊本




刃長:74.0(二尺四寸四分強) 反り:1.7 元幅:3.71
先幅:3.10 元重ね:0.81 先重ね:0.67 穴1




 鎬造り、鎬庵棟低い、大切っ先。 鍛え、小杢目肌良く詰んで地沸え厚く付き地鉄精良。 刃文、互の目丁字乱れ匂い口明るく締まり刃中匂い深く丁字足長く入る。 帽子、乱れ込んで返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀無垢ハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 久々登場、赤松太郎の清麿写し、地刃完璧な状態が保たれた渾身の一振りです。
赤松太郎一派は熊本県八代市に鍛刀場を設け、木村兼重を筆頭に、子の兼嗣、兼照、兼裕三兄弟、兼嗣の子である光宏、兼幸兄弟も皆刀匠で、その他にも多くの門人を抱える一大派閥、皆『赤松太郎』を冠し作刀しています。『赤松太郎』の名は、熊本県八代市と熊本県葦北郡芦北町(あしきたぐんあしきたまち)を結ぶ國道三号にあり、藩政時代には薩摩街道の難所と言われた『赤松太郎峠』に由来しています。
兼裕は赤松三兄弟の末弟、木村馨と言い、昭和三十六年生まれ、次男の兼照よりも早く刀匠を志し、父に学びました。本作は同工四十六歳の頃の作、同派の真骨頂とも言える清麿写しです。同派は特に昭和の終わりから平成の始めに掛けて、本歌を思わせる豪壮無比な姿に華やかな乱れ刃を焼いた『清麿写し』を世に送り出しました。結果的にはこれが現代刀ブームを再燃させる一つのきっかけとなりました。
本作も幅広で大切先の堂々たる姿に、美しく華やかな互の目丁字を放胆に焼いています。見る者を圧倒するような刀身の迫力、華やかな出来が清麿写しの醍醐味、地刃冴え渡り、完璧な状態が保たれています。現代刀入門編としても最適です。














商品番号:K-915 刀 銘:肥後國住赤松太郎兼裕作 写清麿

価格: ¥680,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年4月号
(3/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ