重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


刀 銘:濃州関住兼房
(のうしゅうせきじゅうかねふさ)


Katana:NousyusekijuKanefusa



古刀・美濃 室町後期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:68.2(二尺二寸五分) 反り:1.0 元幅:3.00
先幅:2.05 元重ね:0.71 先重ね:0.52 穴2




 鎬造り、鎬やや高く庵棟やや低目、中切ッ先。 鍛え、杢目混じり板目肌肌立ちごころに良く詰み地沸え付き地鉄良好。 刃文、所謂兼房乱れの互の目やや乱れ頻りに砂流し掛かる。 帽子、直に掃き掛け先火炎となり返る。 茎磨り上げ、先浅い栗尻、鑢檜垣。 銅に金鍍金二重ハバキ。 研磨済み。 白鞘入り。



【コメント】
 兼房一派は、関七流の善定派に属し、関鍛冶の頭領とも言うべき『惣領職』を代々受け継いだため、『惣領家』と呼ばれました。初代兼房は、室町中期康正(一四五五~五七年)頃の鍛冶で、以後その名跡は、現代まで五百年以上続いており、現在二十六代目を数えます。三代目兼房に四人の子がおり、その一人が初め兼房、後に若狭守氏房と名乗った関鍛冶の代表工です。以後『惣領職』は、この氏房一派が受け継いでいます。匂い口締まって焼き頭に丸みを帯びた互の目丁字を、やや腰開き気味に焼いた刃文は、『兼房乱れ』と呼称され、同派の最大の特徴として、一般的に良く知られています。銘は『兼房』の二字銘が最も多く、稀に『兼房作』、『兼房造』、『濃州関住兼房作』と切りますが、年紀や俗名を切り添えた作が殆ど見られないため、代別は困難です。
 本作には年紀はありませんが、造り込み、雰囲気からして、天文(一五三二~一五五五年)から永禄(一五五八~七〇年)頃、三代、四代兼房時代の作と鑑せられます。一目瞭然、典型的な『兼房乱れ』を焼いており、焼き幅を広く取った互の目丁字刃は、矢筈風、蟹の爪風の刃を交え、刃縁締まって明るく小沸が良く付いて、刃中頻りに砂流しが掛かっています。黒みのある美濃地鉄に、板目肌を主体に丹念に鍛えており、鍛え目に沿って地沸が厚く付いて、地刃共に見応えが充分です。二寸程磨り上がっていますが、刀の出来が大変良いため、全く気になりません。室町後期の善定兼房典型作、これが兼房乱れの王道です。














商品番号:L-124 刀 銘:濃州関住兼房 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥550,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年8月号
(7/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ