刀 為神垣万歳氏 玄武斎鍛之
(げんぶさいこれをきたえる)
皇紀二千六百四年八月日(昭和十九年)


Katana:Genbusai



現代・徳島




刃長:64.6(二尺一寸三分強) 反り:1.6 元幅:3.29
先幅:2.28 元重ね:0.81 先重ね:0.62 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 鍛え、沈み勝ちに無地風に詰んだ小板目が所々肌立ち、地沸え付き地鉄良好。 刃文、匂い口が潤むように明るい小互の目乱れを匂い深く焼く。 帽子、直調で丸く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 玄武斎は小島亀太と言い、明治二十年生まれ、徳島県勝浦郡小松島町(現小松島市)の出身です。『玄武斎』と号し、刀匠銘は『重房』、『小島玄武斎』、『玄武斎重房』、『瑞峰重房』などと銘じます。明治後期から昭和前期に掛けて活躍、陸軍受命刀匠も務めました。小島家は祖父国弘、父国友、玄武斎、弟の清心子長寿、甥の清心子貞寿、その子貞竜と代々続く刀匠家系で、中でも玄武斎の実用刀としての能力の高さは群を抜いており、昭和十七年、栗原彦三郎昭秀が定めた『聖代刀匠位列』に於いて、宮入昭平、川島忠善らと並んで『貴品の列 最上大業 横綱格』に列せられる最上大業物です。
 本作は昭和十九年、同工五十七歳の頃の作、注文打ちによる入念作で、ガシッとして庵棟が極端に低い造り込みに、匂い口が潤むように明るい小互の目乱れを焼いています。刀身のみで826g、本刀も凄まじい斬れ味を誇ると思われますが、現存作が大変僅少であるため、使うには惜しいです。茎が少し荒れていますが、徳島が誇る昭和の最上大業物、小島玄武斎重房の希少な一振り、これは絶対押さえて下さい。














【売約済】 商品番号:L-145 刀 為神垣万歳氏 玄武斎鍛之

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ