重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 三上貞直彫同作
(みかみさだなおほりどうさく)
平成三年秋


Wakizashi:MikamiSadanao



現代・広島
無鑑査刀匠




刃長:31.5(一尺四分弱) 反り:僅か 元幅:3.25 元重ね:0.57 穴1



 平造り、庵棟尋常。 表は梵字と草の倶利伽羅、裏は梵字と護摩箸をハバキ下で掻き流す。 鍛え、地沸を微塵に厚く付けた小杢目肌は、細かな地景を無数に配し、地色明るく、地鉄すこぶる精良。 刃文、湾れ乱れに互の目交じり、匂い勝ちに小沸の付いた刃縁には、上品な砂流し掛かる。 帽子、乱れ込んで先尖り風に掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 貞直は三上孝徳と言い、昭和三十年、島根県邑智郡邑南町(おおちぐんおおなんちょう)に生まれ、十九歳で人間国宝月山貞一(二代)門に入り、備前伝、相州伝、相伝備前を学びました。独立後の昭和五十五年には、広島県山県郡北広島町に、『日本刀鍛錬道場』を開設、翌年より新作名刀展に於いて、高松宮賞二回、文化庁長官賞二回、薫山賞二回、優秀賞一回、毎日新聞社賞一回等々、数多くの受賞を果たし、平成七年に無鑑査、平成十八年には、広島県無形文化財にも認定されました。近年では、若い世代に日本刀の魅力を伝えるべく、様々な文化交流を積極的に行い、昨今の刀剣ブームの火付け役の一人として、真っ先にその名が挙がる名工です。自らも明言しているように、同工の真骨頂は相伝備前にあり、中でも長船兼光、長船長義を理想とし、南北朝盛期の豪壮な姿に、華やかな乱れ刃を焼いた名品を、数々世に送り出しています。月山一門の伝統である彫り物も得意としており、まま巧みな彫りを見受けます。
 本作は平成三年、同工四十六歳の頃の作、備前長船且つ相伝備前の最高峰、長船兼光の平脇差し、いわゆる『延文兼光』を見事に再現した名作です。寸法一尺四分、身幅3.25㎝、『延文貞治型』と呼ばれる雄壮な平脇差し姿で、地沸を微塵に厚く付けた小杢目肌は、細かな地景を無数に配しすこぶる精良、湾れ乱れに互の目を交えた刃文は、匂い勝ちに小沸の付き、刃縁には上品な砂流しが頻りに掛かっています。先が尖り心となる兼光帽子など、細部に渡って、地刃の出来は本歌忠実です。表には草の倶利伽羅と梵字、裏には護摩箸と梵字の彫りがあり、特に草の倶利伽羅は、南北朝期長船正系鍛冶である兼光、倫光の太刀や平脇差しにまま見受けられる、王道の倶利伽羅です。彫り口が精巧で、彫りのバランス、雰囲気も抜群、改めて同工の力量の高さを再確認出来る逸品です。
 無鑑査三上貞直による、『延文兼光』写し、金着せの二重ハバキがピシッと付いて、文句なしの会心作です。








商品番号:L-189 脇差し 三上貞直彫同作 無鑑査刀匠

価格: ¥620,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年10月号
(9/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ