脇差し 円龍子義秀
(えんりゅうしよしひで)


Wakizashi:EnryushiYoshihide



新々刀・武蔵 江戸末期 拵え付き 古鞘有り
保存刀剣鑑定書付き




刃長:44.7(一尺四寸八分弱) 反り:0.8 元幅:4.18 元重ね:0.70 穴1



 平造り、庵棟高め。 鍛え、総体的に良く詰んだ地景交じりの大板目、大杢目肌が、渦巻くようにうねる鍛えで、上品に肌立ち、地沸え厚く付き地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体にした焼き刃は、尖るようないかつい刃を交え、地に烈しく焼きが飛んで、一部島状となり、皆焼き風を呈す。 帽子、湾れ込んで長く返り、棟側のほぼ全面を焼く。 茎生ぶ(先を僅かに摘む)、先切り、鑢切り。 銀二重ハバキ。 研磨済み。 白鞘入り。



【コメント】
 義秀は上野国前橋(現群馬県前橋市)出身で、一貫斎義勝の子、祖父は中山一貫斎義弘です。鍛刀は同郷出身で、祖父義弘門人であった、円龍子国秀に学びました。同じく『円龍子』と号しました。陸奥国白河(現福島県白河市)でも鍛刀しており、活躍期は幕末期の文久、慶応頃、作風は、祖父から受け継がれる交ぜ鉄の肌物鍛えの相州伝を本位とします。
 本作は身幅4.18㎝の豪壮な平脇差し、大鉈のような凄まじい迫力みなぎる一振りです。地景交じりの大板目、大杢目肌が渦巻くようにうねる独特の鍛えが上品に肌立ち、小互の目乱れを主体にした焼き刃は、尖るようないかつい刃を交え、地に烈しく焼きが飛んで、一部島状となるなど、皆焼き風を呈しており、帽子も長く返り 棟をほぼ全面焼いています。この見紛うことなき相州伝の烈しい作風こそ、中山一貫斎系鍛冶の真骨頂、地刃の出来は完璧に義弘ですが、江戸末期に近い作という判断から、孫義秀の極めを付けたと考えられます。
 また本作には古鞘が付属しており、鞘書きには正宗の極め、古くは金粉銘があった旨が記されています。勿論そこまで古い物ではありませんが、一頃は正宗としても伝えられていた優品です。円龍子義秀が、中山一貫斎系鍛冶としての実力を存分に示した逸品、研磨済みで綺麗な状態が保たれています。










【売約済】 商品番号:L-190 脇差し 円龍子義秀 拵え付き 保存刀剣鑑定書付き 古鞘有り 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ