重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


寸延び短刀 羽州山形家士山口皆右衛門重行
(うしゅうやまがたかしやまぐちみなえもんしげゆき)


Tanto:UsyuyamagatakashiYamaguchiMinaemonshigeyuki



新々刀・出羽 江戸後期




刃長:30.6(一尺強) 反り:0.5 元幅:3.04 先幅:3.07 元重ね:0.56 穴1



 おそらく造り、鎬庵棟尋常、大切っ先。 鍛え、細かに肌立ちながら総体的に小板目肌の詰んだ地鉄、地沸良く付き、ほのかに白け心あり、地鉄良好。 刃文、湾れ互の目乱れを焼き、刃中良く沸付いて、砂流し頻りに掛かる。 帽子、烈しく乱れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧大筋違い。 赤銅ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 山口皆右衛門重行は、出羽国山形藩秋元家に仕えた藩士でありながら、鍛刀も行った人物で、鍛刀は同郷出身で同じく秋元家に仕えた水心子正秀に学んでいます。重行にとって鍛刀は本職ではないため、現存作は少なく、年紀作としては天明三年の作が残されているのみ、天明期は、正秀にとっても初期に当たります。
 本作はいわゆる『おそらく造り』の寸延び短刀、本歌は室町後期、駿河国島田一派の代表工助宗の短刀で、武田信玄の差し料であったと伝わる名刀です。差し表のハバキ上、鎬の稜線をまたぐように、『おそらく』の文字が陰刻されていることから、この名が付けられたと云われています。『おそらく造』の定義としては、切っ先の長さが、刃長の半分以上を占める造りを言います。『おそらく』の語源に付いては、諸説あるものの、『恐らくこんな造り込みは、他にはないであろう』の意であるとする説が有力です。助宗以降、おそらく造りの作例は、各時代に見られますが、新刀期では島田一派の出自である山城守国清、新々刀期では源清麿、斎藤清人、栗原信秀など清麿系に多く、羽山円真などにもあり、現代刀匠でも時折見られます。本歌は八寸弱で、清麿には完璧な写した作がありますが、総じて本歌より大振りな作が大半です。
 本作は一尺強、本歌よりもやや大振りですが、本歌に比肩するくらい魅力的な一振りです。細かに肌立ちながら総体的に小板目肌の詰んだ地鉄には、ほのかに白け心があり、湾れ互の目乱れの焼き刃は、刃中良く沸付いて、砂流しが頻りに掛かる、何とも覇気溢れる出来映えを示しています。この刃の出来は、正秀と言うよりも、大慶直胤風を思わせるものです。重行の現存作は初見ですが、相当上手い人です。加えておそらく造りの寸延び短刀、状態も良く、銘も全く問題ありません。これ正に珍重すべき逸品です。








【商談中】 商品番号:L-195 寸延び短刀 羽州山形家士山口皆右衛門重行 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年8月号
(7/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ