重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 銘:三嶋菰池畔榎本貞吉作
(みしまこもいけはんえのもとさだよしさく)
昭和丁未年春日(昭和四十二年)


Wakizashi:Sadayoshi



現代・静岡




刃長:45.2(一尺四寸九分) 反り:1.05 元幅:3.84 元重ね:0.61 穴1



 平造り、身幅広く三ッ棟尋常、表・腰に素剣 裏・護摩箸を彫る。 鍛え、杢目交じり板目肌詰み地沸え付き地鉄良好。 刃文、のたれ基調小乱れ小沸え厚く付き飛び焼き・湯走り入り砂流し掛かる。 帽子、小丸に返る。 茎生ぶ、先独特の入山形、鑢化粧筋違い。 銀地黒色加工ハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。
現代脇差し拵え(全長・70.5、柄・18.5黒糸巻き 縁・頭、銀地菊水図 目貫、銀地枝菊図 鐔、鉄地木瓜形菊唐草図 鞘、黒艶塗り 下げ緒、黒)付き。



【コメント】
 貞吉は榎本吉市と言い、明治四十一年徳島県生まれ、昭和三年に月山貞勝に入門、独立後、静岡県三島市大宮町に居を移し、三嶋大社のすぐ北にある菰池の畔に鍛錬場を設けました。豊かに水が湧き出す地であったことから『湧水心』と号しています。多くの名人を輩出した月山門下にあって、彫りの高橋貞次、鍛えの榎本貞吉と並び称された名工です。平成八年に無鑑査、平成十二年に九十二歳にて没。作風は相州伝を本位とした沸出来の烈しい乱れ刃に、中山一貫斎義弘風の地景がうねる肌物鍛えが、同工の真骨頂であり、その他大坂新刀風の乱れ刃、大和保昌、月山一門だけに綾杉鍛えの作もあります。 本作は昭和四十二年、同工五十九歳の頃の作、身幅3.84㎝、正に豪壮無比な平脇差し、南北朝期の相州廣光を狙った同工会心の一作です。やや黒みのある地鉄は、総体的に小板目が肌立ち、うねるような大板目を交えて、所々荒沸が凝結して烈しい湯走り状を呈しており、湾れ乱れを基調とした刃取りで、刃中互の目、小互の目、小乱れを交えて烈しく沸付き、金筋、砂流し頻りに掛かり、刃縁はほぼ沸裂け、ほつれ状となっているため、判然としません。簡素ながら、表裏の彫りもピシッと決まっており、拵えも新調致しました。 伊豆三嶋の名工、無鑑査湧水心貞吉の豪壮な相州廣光写しの傑作、これが現代刀相州伝の最高峰であると確信出来る名品です。










【売約済】商品番号:L-259 脇差し 三嶋菰池畔榎本貞吉作 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ