重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


短刀 兼栄
(かねひで)


Tanto:Kanehide



古刀・美濃 室町末期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:26.2(八寸六分) 反り:僅か 元幅:2.56 元重ね:0.55 穴1



 平造り、庵棟高め。 鍛え、総体的に白け心のある小板目肌良く詰み細かに肌立って地鉄精良。 刃文、刃縁締まる互の目乱れに矢筈刃、尖り刃、箱刃を匂い深く焼き、飛び焼き交じり、棟を焼いて上半皆焼き風となる。 帽子、先乱れ込んで地蔵風に丸く返る。 茎生ぶ(ごく僅かに区送り)、先栗尻、鑢檜垣。 銅に金着せ二重ハバキ。 研磨充分。白鞘入り。
 鉄刀木(たがやさん)合口拵え(幕末期作 鞘、柄共に鉄刀木を使用 縁頭、鯉口、栗型、瓦金、こじり全て銀古美石目地 目貫:赤銅容彫金象嵌、宮人の図 大小柄:鉄研磨地据紋象嵌金色絵)付き。



【コメント】
 兼栄は末関鍛冶で、銘鑑では天文、天正頃にその名が挙がっていますが、本工は天正頃の兼栄と鑑せられます。総体的に白ける地鉄は、小板目鍛え美しく整い、所々細かに肌立っています。刃縁締まって明るい焼き刃は、互の目乱れを主調に矢筈刃、尖り刃、箱刃など多種の刃を織り交ぜ、飛び焼き交じり、帽子の返り深く、棟を焼いてハバキ上付近にまで至っており、上半は皆焼き風となるなど、華やかな出来を示しています。特に上半を賑やかに焼いた兼房乱れ風の出来、精良な地鉄からすると、本工は関七流善定派の兼房系鍛冶であると思われます。特別保存鑑定書付きで、地刃の出来、状態は申し分ありません。付属の幕末期合口拵えがまた大変貴重で、鉄刀木(たがやさん)を使用した素晴らしい作です。鉄刀木は紫檀、黒檀と並ぶ『唐木三大銘柄』の一つで、希少価値の高い高級木材です。硬くて耐久性があり、腐り難いため、家具、仏壇、建築材、木刀などにも用いられます。その重くて硬い様がまるで『鉄の刀のようだ』ということから『鉄刀木』の漢字が当てられますが、『たがやさん』という名称の由来は定かではありません。とにかく内外名作、お薦めです。










商品番号:L-310 短刀 兼栄 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥468,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年10月号
(9/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ