重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 和泉守藤原国貞
(いずみのかみふじわらのくにさだ)


Wakizashi:IzuminokamiFujiwaranoKunisada



新刀・摂津 江戸前期 大業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:39.2(一尺二寸九分強) 反り:1.1 元幅:3.55
先幅:3.19 元重ね:0.62 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟高い。 鍛え、小板目が詰んだ綺麗な地鉄に、細かな地景が良く入り、地沸良く付き地鉄良好。 刃文、直調の焼き出しから湾れ乱れ、小互の目、矢筈風、尖り風、箱刃風の刃を交えて、匂い口明るく締まり気味に良く冴え、地に飛び焼き有り。 帽子、乱れ込んで長く返り、棟焼きとなる。 茎生ぶ、先僅かに刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 初代和泉守国貞は、天正十八年、日向国に生まれ、後に上洛して同郷の堀川国廣門下に入りましたが、初期の作風、銘振りからしても、実質的な師は、同門兄弟子に当たる、越後守国儔であると考えられています。慶長十九年、国廣が没すると、同門の初代河内守国助と共に門下を率いて大坂へ移住、自らも作刀を続け、多くの門人を育てたことから、『大坂新刀の祖』と呼ばれます。元和九年、『和泉守』を受領、晩年には入道して『道和』と称したとも伝え、慶安五年、六十三歳で没、井上真改の父であることから『親国貞』とも呼称されます。銘振りは、『和泉守』受領前の初期は、『摂州住藤原国貞』、受領後は、『和泉守藤原国貞』銘が多く、年紀作は僅少ですが、その銘振りによって、大体の年代が分かります。年紀の上限は、『元和七年八月』、『和泉守』受領後の上限は、『寛永三年二月』、下限は、『寛永二十一年二月』となります。活躍期も年紀とほぼ同様、元和五、六年頃から寛永末までで、体調を崩して隠居した正保以降、没する慶安五年までの約八年間、この間の親国銘の作に付いては、門人の下総守国義、山上播磨守国隆、子真改などの代作代銘になります。 
 本作には年紀がありませんが、後期晩年のやや小振りな銘とは異なり、大振りで力強い堂々たる書体は、『和泉守』を受領して間もない、寛永一、二年頃、三十代半ばの作であることが分かります。元幅3.55㎝、先幅3.19㎝と、大鉈の如く幅広で大切っ先、身幅の割に寸が詰まって、浅く反りの付いた鎬造り脇差しは、いわゆる慶長新刀の時代色を良く示しています。小板目が詰んだ綺麗な地鉄に、細かな地景が良く入り、直調の焼き出しから湾れ乱れ、小互の目、矢筈風、尖り風、箱刃風の刃を交えて、匂い口明るく締まり気味に焼いており、地に飛び焼き、帽子も乱れ込んで長く返り棟焼きとなるなど、この期の典型的な作風を示しています。同工初期に於いては、本作の如く、刃に丁字や互の目が目立たない作風が多く、師越後守国儔が得意とした、和泉守兼定(之定)を狙った作と言えます。本作を見れば、この頃は出来、銘振り、茎仕立てなど全てに於いて、師風を継承していたことが分かります。
 平地と帽子に僅かに鍛え、緩みがありますが、その他は地刃、茎の状態は万全、 金着せ二重ハバキもピシッとして、迫力に満ち溢れた親国初期典型作、豪壮無比な一振りです。






商品番号:L-326 脇差し 和泉守藤原国貞 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,200,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ