刀 備後国古三原
(びんごのくにこみはら)


Katana:BingonokuniKomihara



古刀・備後 南北朝期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.8(二尺三寸七分弱) 反り:1.9 元幅:3.06
先幅:2.19 元重ね:0.65 先重ね:0.48 穴3




 鎬造り、鎬高目庵棟やや低目、中切っ先。 鍛え、杢目交じりの板目肌柾掛かり、総体的に白気心あり、地沸付き地鉄良好。 刃文、中直刃ほつれ小乱れ小沸付き小足入る。 帽子、やや大丸に先掃き掛け深く返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に銀着せ変わりハバキ。 研ぎ上がり。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(近代作 全長101センチ 柄長24センチ 鞘 黒石目地、こじり栗型角 柄 親鮫に黒柄巻き、縁頭赤銅魚子地据紋象嵌色絵、鳳凰図 目貫、赤銅容彫金色絵鳳凰図 鍔 鉄研磨地布目象嵌ススキに鈴虫図、象嵌が取れないように薄く透明な漆塗りあり)付き。



【コメント】
 古三原とは、三原一派の中でも、特に南北朝中期から室町初期掛けて活躍した鍛冶の総称で、右衛門尉正家、その子と伝わる左衛門尉正廣をその双璧としています。正家には正に南北朝中期と鑑せられる大切っ先の豪壮な作、少し時代の下がる正廣には、中切っ先の尋常な姿の作が多く残されています。作風としては、大和伝を色濃く示すもの、隣国備中青江気質を示すものがあります。また正家が最上大業物に列せられているように、同派の作は斬れ味鋭さでも良く知られています。
 本作は寸法二尺三寸七分弱、切っ先がやや延び、元先の身幅の差が目立たない南北朝スタイル、白け映りが顕著に現れた地鉄に、板目が流れるような鍛えが肌立って、匂い口の締まった中直刃は、刃縁に小乱れ、ほつれなど細かな変化を交えています。刀に力があって、地刃の出来も典型、スタイルから言えば、左衛門尉正廣風、寸法も充分で、研ぎを掛けて間もない状態です。拵えも縁頭は、赤銅魚子地に据紋象嵌色絵の鳳凰図、鐔は、鉄磨地に布目象嵌のススキに鈴虫図を使用して、雰囲気良く誂えてあります。
















商品番号:L-341 刀 備後国古三原 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ