重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


短刀 筑州住宗勉作
(ちくしゅうじゅうそうつとむさく)
記念来田忠義氏還暦 平成元年己巳弥生吉日


Tanto:ChikusyujuSoutsutomu



現代・福岡
無鑑査刀匠




刃長:29.3(九寸七分弱) 反り:僅かに内反り 元幅:2.75 元重ね:0.72 穴1



 平造り、庵棟低め。 鍛え、地沸が厚く付いた強靱な小板目肌は、所々強く柾流れとなり、地鉄良好。 刃文、烈しく沸付く大互の目乱れは、刃中太い沸足が入り、太い金線、砂流しが元から先まで貫き、匂い口明るく冴える。 帽子、乱れ込んで先尖り風に掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 宗勉は本名を古城勝と言い、昭和二年生まれ、福岡市博多区山王に住しました。昭和二十一年から、養父の宗正光に師事し、同門の原宗弘、古城宗重らと共に切磋琢磨を続け、同三十年には、新作名刀展に初出品、その後文化庁長官賞、薫山賞などを数多くの特賞を受賞し、平成二年に無鑑査の認定を受けました。各伝法をこなしますが、特に源清麿、大志津、左文字に倣った相州伝を得意とし、数々の古名刀写しを世に発表しています。門下には、子の宗兼好、宗昌親兄弟がおり、その技を継承し、活躍しています。平成に入ってからの宗一門は、業物刀『笹露』を現代に復活させたことで、一躍有名になりました。『笹露』とは、その凄まじい斬れ味を評した言葉で、『笹の葉に付いた露は、払えばすぐ落ちる』になぞらえたものです。江義弘、孫六兼元、秦光代の脇差しなどに、『笹露』の号、金象嵌銘、切り付け銘などがあったことから、今や業物刀の代名詞ともなっています。平成二十七年二月、八十八歳没。 本作は同工六十二歳の頃の作、注文打ちによる、源清麿短刀写しの優品です。地沸が厚く付いた強靱な小板目肌は、所々強く柾流れとなり、太い地景が繁く入り、湯走りも交えており、烈しく沸付く大互の目乱れは、刃中太い沸足が入り、太い金線、砂流しが元から先まで貫いて、匂い口も明るく冴えています。本歌清麿の相州伝は、大志津や左文字の相州伝を、自分なりの解釈でより発展させたものですが、同工はそれを忠実に再現しており、一見した所、正に本歌清麿を目の当たりにしているかのような、錯覚に陥ります。無鑑査宗勉による渾身の清麿写し短刀、流石に上手いと、思わず唸ります。かつて『天下無類』と評された源清麿に、迫らんとする名品です。








【売約済】 商品番号:L-368 短刀 筑州住宗勉作 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ