刀 無銘(伝三池)
(でんみいけ)


Katana:DenMiike



古刀・筑後 鎌倉末期
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:71.1(二尺三寸五分弱) 反り:1.8 元幅:3.07
先幅:2.06 元重ね:0.54 先重ね:0.35 穴3




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏幅広な棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、やや黒みのある地鉄に大板目、大杢目、波状にうねるような大模様の肌合いが強く現れ、ネットリとして柔らか味があり、地沸付き地鉄良好。 刃文、細直湾れ調の焼き刃は、刃中に小乱れ、小丁字、小互の目、刃縁にほつれを交えて、沸匂い深く、匂い口は総体的に潤んで明るい。 帽子、小乱れ掃き掛け小丸に返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銀に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 三池一派とは、筑後国三池(現福岡県大牟田市三池)の地で鍛刀した刀工集団で、その祖は平安末期の大典太光世であり、加賀前田家伝来の国宝『名物大典太』、徳川家康遺愛刀で重要文化財の『ソハヤノツルギ』写しなどが有名です。光世は一代ではなく、同銘が鎌倉期から室町期まで継承されています。時代が下がっても、浅い湾れ調の細直刃出来で、刃中に小足入り、ほつれ、二重刃交じり、鍛えは肌立ち気味の板目に杢目交じり、柾流れが必ず交じり、ねっとりとした柔らかい肌合いで、地に白け心があるというような、伝統的な作風は墨守されており、特に『三池樋』と呼称される、幅広で深い棒樋は、同派の代名詞ともなっています。
 本作は寸法二尺三寸五分弱、鎌倉末期のしなやかで力感溢れる太刀姿を示しており、茎を見ると、六寸程磨り上がっていますので、元来三尺余りの大太刀であったことが分かります。刀身全体を俯瞰で見ると、茎付近に踏ん張りがあり、茎尻の方まで反りが付いています。この辺りにも、大太刀であった名残が見られます。やや黒みのある地鉄に大板目、大杢目、波状にうねるような大模様の肌合いが強く現れながらも、カサつくような感じではなく、ネットリとして柔らか味のある感じが、同派の特有の肌合いで、細直湾れ調の焼き刃は、刃中に小乱れ、小丁字、小互の目、刃縁にほつれを交えて、沸匂い深く、匂い口は総体的に潤んで明るいなど、何とも古調な出来です。『三池樋』と呼ばれる、幅広な棒樋を掻き通すなど、地刃に同派の個性が際立っています。
 鎌倉末期筑後国三池光世の典型作、探山先生の鞘書きにもあるように、古調で典雅な雰囲気に加えて、豊かで深みのある味わいを感じ取るべき一振りです。














商品番号:L-389 刀 無銘(伝三池) 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥1,650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ