刀 出雲大掾藤原吉武
(いずもだいじょうふじわらよしたけ)


Katana:IzumodaijoFujiwaranoYoshitake



新刀・山城 江戸前期
業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:73.1(二尺四寸一分) 反り:1.2 元幅:3.28
先幅:2.22 元重ね:0.73 先重ね:0.51 穴1




 鎬造り、鎬低く庵棟やや高い、中切っ先。 鍛え、やや沈み勝ちに細美な小沸が微塵に厚く付いた小板目肌は綺麗に詰んで、細かな地景がうねり、地色明るく地鉄精良。 刃文、直刃調の焼き刃は、刃縁に細美な小沸が厚く付いて、小足が間断なく入り、匂い口明るく冴える。 帽子、湾れ調で先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がりの入山形、鑢筋違い。 銅に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨。
 打ち刀拵え(幕末期 全長105センチ 柄長26.5センチ 鞘 やや黒みがかった朱鞘、こじり、責金、鯉口金具銀地無地 栗型角 下げ緒茶に卯の花の甲斐の口 柄 鮫に焦げ茶柄巻き、縁頭鉄地据紋金象嵌獅子の図 目貫、素銅地容彫金象嵌獅子の図 鍔 鉄地長丸形金布目象嵌、雲龍図)並びに居合用打刀拵え(全長102.5センチ 柄長23.5センチ 鞘 黒の呂鞘 柄、鮫に黒柄巻き、縁頭鉄地据紋金象嵌、竜虎の図 目貫赤銅地容彫龍図 鍔、鉄地丸形肉彫透、龍図)付き。



【コメント】
 出雲大掾吉武は川手市太夫と称し、三条吉則の末流と云い、堀川国廣門人の平安城(三条)国武の子と伝えられる刀工です。初め京で鍛刀しましたが、後に江戸へ移住しています。同工には、法城寺正照と合作の重要刀剣が残されていることから、堀川一門でありながら、江戸では法城寺一門に学んだことが分かります。活躍期は延宝から元禄頃まで、初め『出雲大掾』、後に『出雲守』へ転じ、晩年は『法哲入道』と銘じています。元禄七年没。作風は直刃、湾れ、乱れとありますが、中には長曽祢虎徹風の数珠刃も見られ、前述した重要刀剣にも金象嵌截断銘が入っているように、その斬れ味に於いても定評があります。
 本作には年紀がありませんが、探山先生の鞘書きにもあるように、延宝二、三年頃の作、寸法二尺四寸一分、身幅重ねしっかりとして、反り浅めの典型的な寛文新刀姿を示した一振りです。研ぎ減りなく健全そのもので、やや沈み勝ちに細美な小沸が微塵に厚く付いた小板目肌は綺麗に詰んで、細かな地景がうねり、地色明るく、直刃調の焼き刃は、刃縁に細美な小沸が厚く付いて、小足が間断なく入り、匂い口明るく冴えた素晴らしい出来です。この美しく上品な刃文からは想像できないですが、一太刀浴びせれば、凄まじい斬れ味を誇る一振りです。出雲大掾吉武、壮年期の代表的な作風を示した佳品です。
 外装が二つあり、一つは幕末期の外装で、黒み掛かった濃いめの朱鞘、鉄地金布目象嵌雲龍図鐔が付いて、大きな鐺、しっかりとした口金は、共に銀地で、如何にも幕末武士の佩用を思わせる作、もう一つは、鉄地の記内龍鐔、龍虎縁頭などを使用して、居合い用に誂えたもので、新品同様です。これは絶対に見逃せない出雲大掾吉武です。
















【売約済】商品番号:L-391 刀 出雲大掾藤原吉武 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ