刀 備州長船住勝光宗光両作
(びしゅうおさふねじゅうかつみつむねみつりょうさく)
永正十年八月日(一五一三年)


Katana:BisyuOsafunejuKatsumitsuMunemitsu



古刀・備前 室町後期
拵え付き
内外保存鑑定書付き




刃長:62.2(二尺五分強) 反り:2.0 元幅:2.98
先幅:2.01 元重ね:0.69 先重ね:0.42 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 鍛え、沈み勝ちに詰んだ小板目肌は、所々板目、流れ肌が強く肌立ちを見せ、総体的に白けるような映り立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、やや腰開き気味の互の目丁字乱れを焼き、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かり、刃縁沸匂い深く、匂い口潤み勝ちに明るい。 帽子、乱れ込んで掃きかけ返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ(被せ部分は朧銀)。 時代研磨。 白鞘入り。
 打刀拵え(江戸後期 全長99.5センチ 鞘 桐紋浮き彫朱塗り鞘 鉄地鋤出彫長鍬形こじり 薩摩返り角、台付栗型 鯉口角 鉄地桜金象嵌の馬針付 下げ緒朱付 柄 親鮫に赤黒柄巻き(時代経過による僅かな綻びあり) 縁頭赤銅魚子地据紋金象嵌、千鳥の図 目貫赤銅容彫色絵、琴着棋書画図 鍔 鉄地木瓜形鋤出し毛彫、桐紋図)付き。



【コメント】
 広く末備前鍛冶と呼ばれる刀工の中で、祐定、勝光を名乗る者は上手ですが、その中でも、祐定では与三左衛門尉、彦兵衛尉、勝光では右京亮、次郎左衛門尉を最高峰としています。
 本作は二尺五分と寸が詰まって先反りの付いた、室町中後期の特色ある打刀姿を示しています。この時代には、本刀の如く二尺前後の打刀が主流となり、片手打ちに適した造り込みであるため、茎が短い点が大きな特徴です。俗名は入っていませんが、その銘振り、年紀からして、次郎左衛門尉勝光と叔父左京進宗光による合作刀であることが分かります。次郎左衛門尉勝光は、右京亮勝光の子、左京進宗光は右京亮勝光の弟に当たり、次郎左衛門尉には明応頃から天文頃まで作が見られますが、その初期は、叔父左京進宗光の協力を得ることが多く、本作のような合作もまま見受けられます。沈み勝ちに詰んだ小板目肌は、所々板目、流れ肌が強く肌立ちを見せ、総体的に白けるような映り立ち、刃文は、やや腰開き気味の互の目丁字乱れで、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かり、刃縁の沸匂い深く、匂い口潤み勝ちに明るく焼いています。
 備前国住次郎左衛門尉勝光、左京進宗光による合作刀、末備前典型の乱れ刃を示した片手打ち刀の佳品、被せ部分を朧銀とした、金着せ二重ハバキも凝っています。付属の薩摩拵えは、渋い味わいの朱塗り鞘に、花桐紋を陰蒔絵で施し、在銘の赤銅魚子地の縁頭は、据え紋金象嵌千鳥図、馬針は桜に唐草の金象嵌など、金具も上質です。内外見所満載の逸品です。
















商品番号:L-405 刀 備州長船住勝光宗光両作 拵え付き 内外保存鑑定書付き

価格: ¥1,650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ