脇差し 兼元(孫六)
(かねもと)


Wakizashi:Kanemoto



古刀・美濃 室町後期
最上作 最上大業物
特別保存鑑定書付き 




刃長:31.0(一尺強) 反り:0.3 元幅:2.78 元重ね:0.54 穴3(内1埋)



 平造り、庵棟低い。 表裏腰元に棒樋を丸留め。 鍛え、鉄色明るくて総体的に白け心のある地鉄は、沈み勝ちにゆったりとした板目肌が流れ、所々強く波状に肌立ち、地沸付き地鉄良好。 刃文、焼き頭に丸みを帯びた尖り風互の目乱れは、三つの連なりを主体に、一、二、四つを織り交ぜながら、匂い口明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ込んで先地蔵風に掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢鷹の羽。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 孫六兼元と言えば、その知名度に於いても正宗、虎徹、村正、清麿らと肩を並べる日本屈指の名工です。和泉守兼定(之定)とは、共に室町後期の美濃鍛冶代表として、その実力を比較されることがままあり、共に最上作、最上大業物に列せられていますが、『地蔵斬り兼元』『二念仏兼元』など、その斬れ味にまつわる逸話が多数残されているのは、兼元であることからして、孫六の斬れ味は、之定のそれを更に上回るものと思われます。また兼元系の刃文と言えば、三本杉と称される、尖り互の目の連れた刃文が、その代名詞とされていますが、実際の孫六の三本杉は、互の目の頭が丸みを帯びて柔らかみがあり、厳密には二本、四本、五本杉など様々なパターンを見せ、画一的でないのが特徴です。後代兼元の三本杉は、互の目の頭が鋭角的となり、規則的に並びます。
 本作は寸法一尺強の寸延び短刀、正に同工典型とも言える孫六三本杉を焼いています。焼き頭に丸みを帯びた尖り風互の目乱れは、三つの連なりを主体に、一、二、四つを織り交ぜながら、匂い口明るく締まり気味となり、所々焼き頭が匂いで尖って、そのまま地に抜けています。鉄色明るく総体的に白け心のある地鉄は、やや沈み勝ちにゆったりとした板目肌が流れ、所々強く波状に肌立って、総体的に良く詰んでいます。少し地刃に研ぎ減りはありますが、豊臣秀吉、福島正則、山内一豊らを始めとして、戦国期の名立たる武将達を虜にした孫六兼元の貴重な平脇差し、これが美濃鍛冶の最高峰であり、上質な金着せ二重ハバキ、特別保存鑑定も付いています。孫六の短刀、脇差し類は、現存品稀ですので、コレクションとしても価値のあるものです。








商品番号:L-431 脇差し 兼元(孫六) 特別保存鑑定書付き

価格: ¥1,650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ