花刀(花鉈) (刀身銘)弄花香衣満 越後国義光作
(えちごのくによしみつつくる)
為島倉勇吉氏 昭和六十二年八月


Hanagatana:EchigonokuniYoshimitsu



現代・東京
無鑑査刀匠




刃長:15.6(五寸一分強) 反り:僅か 元幅:2.80 元重ね:0.55 穴1



 片刃造り、平棟低い。 鍛え、細やかに上品な肌立ちを見せる小板目肌は、地沸を厚く付け地鉄精良。 刃文、腰開き気味の重花丁字を焼き、匂い口明るく締まって冴える。 帽子、湾れ込んで烈しく沸付き、先掃き掛け長く返り、棟寄りを棟区まで焼き下げる。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅ハバキ(刃側銅磨き地、棟側に金磨き地を着せる)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 義光は大野三男と言い、昭和二十三年、新潟県西蒲原郡黒埼町大野(現新潟市西区大野町)に生まれました。昭和四十四年、東京へ出て吉原義人門下に入り、昭和五十年には新作名刀展に初出品、奨励賞を受賞、昭和五十一年に独立し、地元黒埼町に鍛刀場を設立、昭和五十二年、結婚を機に吉川姓となり、東京に移住しました。この年から昭和六十二年まで、新作名刀展に於いて、高松宮賞五回、努力賞四回、奨励賞、文化庁長官賞と毎年受賞、昭和六十二年六月、無鑑査に認定されました。備前伝丁字刃の探究とその美しさに於いては、他の追随を許さず、世上、『大野丁子』と呼称される華麗な丁子乱れを完成させ、国宝『山鳥毛』写しを始めとした、備前古名刀写しを次々と世に送り出し続ける、昭和、平成を代表する名工です。
 本作はいわゆる花刀(花鉈)と呼ばれる、特殊な形状の短刀、本作のように特注品、或いは刀剣製作の余技として作られるような、珍品の部類に入るかと思われます。新々刀期にも大慶直胤、月山貞一、中山一貫斎義弘など、現代作でも極稀にあり、無銘物もあります。大野義光の花刀は初見で、勿論本誌初掲載、通常は余技的な意味合いが強く、正直出来の良くない物が多いのですが、侮ることなかれ、本作はむしろ入念作、やはり注文打ちだけに丹精込めて作ってあります。細やかに上品な肌立ちを見せる小板目肌は、平地中央に直調の白け心あり、腰開き気味の重花丁字を焼き、刃中匂い深く、飛び焼きを交え、匂い口明るく締まっています。同工の真骨頂と言える大野丁字を放胆に焼いており、地刃も冴え渡っています。帽子の返りは長く細く、棟寄りを棟区まで焼き下げています。小振りながら、同工の技がギュッと凝縮された感があります。
 刀身に刻まれた『弄花香衣満』は、『花を弄(ろう)すれば香り衣に満(みつ)』、唐の時代の詩人、于良史(うりょうし)の『春山夜月』にある一節、いわゆる禅語で、様々な解釈がありますが、『花と戯れていると、その香りが衣服に移って、いつまでもその芳香を楽しむことが出来る。花の香りを仏の教えとすると、その教えに触れれば、自ずと仏の教えに包まれる。花(仏)と自分は、それぞれ別々のものでありながら、一体となる無我の境地』そんな意味合いかと思われます。なんとも深みのある一節、こういう一節を添えるあたりは、流石大野義光、ある意味、お守り短刀です。
 ハバキも鮮やかな銅地で、刃側銅磨き地、棟側に金磨き地を被せたお洒落な作、無鑑査大野義光のこういう作は、唯一無二ですから、必ず押さえて下さい。




商品番号:L-454 花刀(花鉈) 越後国義光作 無鑑査刀匠

価格: ¥718,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ