太刀 (太刀銘)廣次作
(ひろつぐさく)


Tachi:Hirotsugu



古刀・相模 室町後期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.2(二尺三寸六分弱) 反り:2.2 元幅:3.08
先幅:1.76 元重ね:0.78 先重ね:0.46 穴2




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 表裏共に二筋樋あり、表に草の倶利伽羅、裏に重ね梵字の彫り。 鍛え、小板目肌が沈み勝ちに良く詰んだ鍛えで、 一部強く大模様に肌立って流れるような肌合いが交じり、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、小互の目丁字乱れを主体とした焼き刃は、物打ち付近でやや腰開きとなって、焼きも高くなり、所々刃先から匂いが抜けて地にこぼれ、一部飛び焼き風を呈し、刃中沸足、葉が繁く入り、匂い口潤んで明るい。 帽子、乱れ込んで、一枚風に深く焼き、僅かに返る。 茎生ぶで先を僅かに摘む、先栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に金着せハバキ(被せ部分は銅)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 南北朝期の名工相州廣光、秋廣の後、室町初期応永前後の相州鎌倉鍛冶は、やや振るわず、作品も極めて少ないですが、中期以降文明から明応頃に掛けて、廣正、正廣、吉廣、廣次、助廣らが中興の祖として活躍し、盛り返しました。
 この頃の相州鍛冶の大きな特徴としては、華やかな乱れ刃、皆焼き刃、飛び焼きといった、伝統的な作風は墨守されながらも、当時流行であった備前伝、美濃伝に影響を受けた作も多く見られるようになります。末相州鍛冶にも巧みな彫り物がまま見られ、濃厚な真の倶利伽羅の櫃内彫りから、簡素なものまで様々あり、独特の風合いで相州彫り呼称され、珍重されます。
 本工は鑑定書にも但し書きがあるように、明応(一四九二~一五〇一年)頃の廣次、相州廣次系は、初代を南北朝最初期の建武頃と伝え、以降同銘が数代に渡っていますが、実際は、文明頃に登場する廣次より時代の上がるとされるもので、有銘確実なものは現存していません。本工は文明廣次の子とされています。寸法二尺三寸六分弱、茎先を僅かに摘まんでいるだけで、他は生ぶ、銘を太刀銘で切っています。室町初期とは異なり、この頃には刀銘の作が大半ですが、稀に、本作の如く反り高き美しい太刀の作があります。これはいわゆる『陣太刀』用として特注されたもので、『陣太刀』とは、出陣の際の戦勝祈願、戦場で本陣に掲げて総大将の印とする儀礼用の太刀で、付属外装も、金具類、鞘の塗り等を豪華な使用とし、刀装全体の装飾的価値を追求したものが多く残されています。小互の目丁字乱れを主体とした焼き刃は、物打ち付近でやや腰開きとなって、焼きも高くなり、そのまま帽子に乱れ込んで、一枚風に深く焼き、所々刃先から匂いが抜けて地にこぼれ、一部飛び焼き風を呈し、刃中沸足、葉が繁く入り、匂い口潤んで明るく、小板目肌が沈み勝ちに良く詰んだ鍛えは、一部強く大模様に肌立って流れるような肌合いが見られます。表裏二筋樋を彫ってあり、その下に表に草の倶利伽羅、裏に重ね梵字の生ぶ彫りがあります。特に草の倶利伽羅は、仔細に見ると、三鈷柄の柄部分のみ密に彫るという、相州彫りの特徴が良く現れた、見事な彫りです。少し地の荒れは見られますが、よく考えて見ると、古刀期の相州物在銘の刀で乱れ刃、加えて典型的な相州彫りのある作は、頻繁には出て来ません。勿論特別保存鑑定書も付いています。
 相州住廣次、室町期の鎌倉鍛冶代表工による、希少な現存品、これは押さえて頂いて損のない逸品です。


















商品番号:L-464 太刀 (太刀銘)廣次作 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,990,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ