脇差し 播磨守輝廣作
(はりまのかみてるひろつくる)


Wakizashi:HarimanokamiTeruhiro



新刀・安芸 江戸中期 拵え付き



刃長:37.3(一尺二寸三分強) 反り:0.6 元幅:2.63
先幅:1.86 元重ね:0.65 先重ね:0.46 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、細かな地景を交えて、所々流れ肌肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れにやや腰開きの互の目乱れを焼き、刃縁、刃中に金筋、砂流し掛かり、匂い口明るい。 帽子、湾れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨充。 白鞘入り。
 脇差拵え(江戸期 全長64センチ 鞘 黒石目鞘 こじり、鉄地袋型鋤出し彫、縁に金象嵌、栗型、鯉口角 小柄欠、深緑下げ緒 柄 親鮫に黒柄巻き 縁、赤銅容彫縁に金象嵌、頭、赤銅地容彫点象嵌波龍図 目貫、素銅地容彫金象嵌龍図 鍔 南蛮鍔鉄地木瓜形透布目象嵌)付き。



【コメント】
 安芸国輝廣一派は、初代肥後守輝廣を筆頭として、以後同銘が幕末まで十四代に渡る名門で、初代は元々美濃関兼常一派、初め兼友、兼伴と銘じ、後に埋忠明寿に学び、福島正則に仕え、輝廣と改めました。尾張清洲でも鍛刀し、関ヶ原の役以後、慶長五年からは安芸へ定住しました。二、三、四、六、七、十一代が播磨守を受領していますが、三~五代までの輝廣の作はほとんど見受けられません。
 本工も播磨守を冠しており、二代銘とは違うようですが、銘はしっかりしていますので、江戸中期頃、六代辺りの作でしょうか。後代輝廣で間違いないと思われます。鎬高めの造り込みで、湾れ乱れにやや腰開きの互の目乱れ、刃縁、刃中に金筋、砂流し掛かり、一部沸裂けとなるなど、刃沸強く、出自である美濃伝の特徴が顕著な出来です。小振りな脇差しですが、地刃スカッとした逸品、外装金具は鉄地、赤銅地の龍図、鐔は南蛮、時代物の良い雰囲気です。
















商品番号:L-500 脇差し 播磨守輝廣作 拵え付き

価格: ¥230,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ