脇差し 天田昭次作之
(あまだあきづぐさくこれ)
昭和壬子歳二月日(昭和四十七年)


Tanto:AmadaAkitsugu



現代・新潟
人間国宝 特別保存刀剣鑑定書付き
特製木箱(自筆の箱書き有り)付き




刃長:40.8(一尺三寸四分強) 反り:0.3 元幅:3.18 元重ね:0.65 穴1



 平造り、庵棟尋常。 鍛え、柾目肌ややのたれて良く詰み地沸え微塵に付き地鉄精良。 刃文、箱刃交じり互の目に小沸え深く付き金筋・砂流し掛かり匂い足入る。 帽子、やや地蔵風尖りごころ小丸に深く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下り。 銀地に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 特製木箱付き。



【コメント】
 天田昭次は昭和二年生まれ、九歳の時に、父天田貞吉と死別、昭和十五年には上京し、日本刀鍛錬伝習所で、栗原彦三郎の門人となります。昭和三十年代の新作刀展では、毎年優秀賞を受賞し、刀匠としての地位も名誉も揺るぎないものとなります。昭和四十七年には無鑑査、昭和五十二年、六十年、平成八年には、刀剣界の最高賞である『正宗賞』を受賞、山城伝、相州伝、備前伝と、全て異なる作風で受賞したのは昭次のみです。平成九年には人間国宝となります。平成二十五年六月二十六日、八十五歳にて没。
本作は、同工四十五歳の頃の作、寸法一尺三寸四分強、平身の勇壮なる脇差しで、やや黒みを帯びた地鉄は、板目を主体に、沈み勝ちに詰んだ鍛えで、細かに肌立ちを見せ、地沸を 互の目が二つ三つずつ連れた乱れ刃を焼き、互の目の頭に大粒の沸を満遍なく配し、一部地にこぼれた沸粒が、黒光りして湯走り状を呈し、刃中太い金筋が貫くなど、覇気みなぎる地刃の鍛えを見せています。長義などの相伝備前鍛冶を狙った、大柄で堂々とした刀姿は、南北朝盛期の時代色を示した姿で、如何にも迫力があります。この年は、同工が無鑑査に認定された年で、その評価が一気に高まった頃の自信作です。  
生涯を掛けて鉄鍛えを追い求めた刀匠、刀作りに関しても、一切の妥協を許さなかった昭次の傑作平脇差し、特別保存鑑定書が付属していますが、現代刀に於いては、人間国宝、無鑑査刀匠クラスの出来の良いものにしか付きません。また自筆による箱書きは、今となっては大変貴重なもので、大切に保管して頂きたいと思います。これは名品です。













商品番号:L-504 脇差し 天田昭次作之 人間国宝 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,490,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ