刀 肥後国住赤松太郎兼裕作
(ひごのくにじゅうあかまつたろうかねひろさく)
写清麿 壬午年十一月吉日(平成十四年)


Katana:HigonokunijuAkamatsuTaroKanehiro



現代・熊本 拵え入り



刃長:75.9(二尺四寸四分強) 反り:2.0 元幅:3.65
先幅:2.95 元重ね:0.87 先重ね:0.63 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬尋常庵棟低目、大切っ先。 鍛え、やや黒みを帯び、沈み勝ちに詰んだ小板目肌は細かに肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、華やかな互の目丁字乱れを焼き、刃中匂い足繁く入り、匂い深く、匂い口明るく締まる。 帽子、乱れ込んで長く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。
 打ち刀拵え(現代作 全長106センチ 柄25センチ 鞘 刻み朱鞘 こじり、栗型、鯉口、黒 下げ緒黒 柄 鮫に朱塗り研ぎ出し、黒裏革柄巻き 縁素銅に金鍍金、頭角に金漆塗り 目貫、赤銅容彫金象嵌、鳥の図 鍔 鉄地丸形透真鍮象嵌)入り。



【コメント】
 赤松一派は、熊本県八代市に鍛刀場を設け、木村兼重を筆頭に、子の兼嗣、兼照、兼裕三兄弟、兼嗣の子である兼光、兼幸兄弟も皆刀匠で、その他にも多くの門人を抱える一大派閥、皆『赤松太郎』を冠し作刀しています。『赤松太郎』の名は、熊本県八代市と熊本県葦北郡芦北町(あしきたぐんあしきたまち)を結ぶ『赤松太郎峠』に由来しています。同派は昭和の終わりから平成に掛けて、本歌を思わせる豪壮無比な姿に、華やかな乱れ刃を焼いた『清麿写し』を世に送り出し、結果的には、これが現代刀ブーム再燃のきっかけともなりました。
 本工の兼裕は、赤松三兄弟の末弟、木村馨と言い、昭和三十六年生まれ、次男の兼照よりも早く刀匠を志し、昭和五十六年より作刀許可を得ています。
 本作は同工四十一歳の頃の作、同派の真骨頂とも言える『清麿写し』です。寸法二尺五寸強、元幅3.65㎝、先幅2.95㎝、重ねも0.9㎝弱、大切先の豪快な南北朝太刀姿を示しており、やや黒みを帯び、沈み勝ちに詰んだ小板目肌は細かに肌立ち、美しく華やかな互の目丁字乱れを、匂い深く、放胆に焼いています。
 外装は朱塗り総刻み鞘、柄は朱塗り研ぎ出し鮫に黒革巻き、鐔もいわゆる与四郎象嵌鐔、王道の花紋散らし、オリジナルの作ですから、不備なくピシッと決まっています。 本作は鑑賞用の一振りで、外装も居合い、抜刀仕様ではありませんが、現状鞘を払って1,380g、刀身のみで1,020gあります。
 見る者を圧倒するような刀身の迫力、華やかな出来が清麿写しの醍醐味、現代刀入門編としても最適です。これが正に王道、赤松太郎兼裕渾身の『清麿写し』です。


















【売約済】商品番号:L-514 刀 肥後国住赤松太郎兼裕作 拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ