刀 無銘

Katana:Mumei



新刀 江戸前期 幕末期突兵拵え入り



刃長:63.4(二尺九分強) 反り:1.0 元幅:2.92
先幅:2.03 元重ね:0.71 先重ね:0.57 穴2




 鎬造り、鎬庵棟高目、中切っ先詰まる。 鍛え、小杢目肌詰んで所々大模様の肌流れ地沸え付き地鉄良好。 刃文、互の目丁字乱れて刃沸強く刃縁に大粒の沸小沸え厚く付き沸金筋砂流し掛かり刃冴える。 帽子、湾れ込んで返り棟を深く焼く。 茎大磨り上げ、先切り、鑢平地切り鎬地大筋違い。 銅に銀着せ金鍍金祐乗ハバキ。 時代研磨(薄サビ、細かな刃あたり有り)。
 幕末期突兵拵え(鞘、赤黒の変わり塗りで刃側のみ銀覆輪あり 柄筒金、縁頭、鯉口、栗型、こじり金具全て銀地 柄、研ぎ出し鮫の刻み柄、差し込み目貫 鍔、鉄地葵木瓜形、銀覆輪 下げ緒黒)入り。



【コメント】
 本作は大磨り上げ無銘、典型的な寛文新刀姿に、金筋、砂流し掛かる互の目丁字を主体に焼いています。出来からすると、肥前忠吉か石堂系の乱れ刃にも見えますが、石堂にしては刃沸が強く、肥前刀にしては帽子が綺麗な小丸ではなく、返りが長過ぎます。しかし刀は見応えがありますので、一度鑑定へ出してみるのも良いかと思います。外装が幕末期の突兵拵えで、銀地金具で統一されており、鞘にも銀のラインが入っています。傷みなく大変良い作で、内外共にお楽しみ頂ける逸品です。














【売約済】商品番号:L-546 刀 無銘 幕末期突兵拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ