刀 月山寛安作

Katana:GassanHiroyasu



古刀・日向 室町末期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:77.8(二尺五寸七分弱) 反り:2.7 元幅:3.19
先幅:1.91 元重ね:0.66 先重ね:0.36 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、やや黒みを帯びた地鉄に、波状の肌合いが幾重にも重なり、所々渦巻き状となり、肌目が総体的に肌立ち、典型的な綾杉肌を呈し、肌目に沿って地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、細直刃調の焼き刃は、小乱れを交えて、匂い口総体的に潤んで明るい。 帽子、直調で大丸風となる。 茎生ぶ、先極めて急な刃上がり栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨(細かなヒケ、小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 『出羽三山』の一つに数えられる月山は、山形県中央部にそびえる山で、山頂には月山神社が鎮座し、多くの修験者や参拝者が訪れる名山です。これを刀銘としたのが、奥州月山鍛冶で、平安期から存在したと伝わっていますが、現存する有銘作としては、南北朝期のものが最古です。銘は『月山』とのみ切る場合と、個銘まで切る場合がありますが、大半は『月山』のみであり、景家、宗長、宗次、近則、光長、正信、俊吉、定真、寛安、軍勝などが著名工として挙げられますが、個銘入りは中々お目に掛かりません。見紛うことなき、強烈な個性を放つ『綾杉鍛え』は、同派の代名詞ともなっています。
 本工の寛安は、『藤代刀工辞典』にも銘押し型が掲載されている同派の代表工、天文から永禄頃の鍛冶ですが、鑑定書の但し書きで国を『日向』としていることからも分かるように、後に日向国へ移って波平鍛冶との交流を持ち、『波平寛安』と名乗ったとも伝わっています。波平一派は、島津家の抱え鍛冶として、薩摩を中心に栄えましたが、島津の領地が大隅、日向の一部にまで及んでいたため、日向へも移住して鍛刀しており、また古くから月山鍛冶と波平鍛冶は、修験者を通じた交流があったことを考えると、同工が日向に移って、波平鍛冶に学んだとしても、それ程不可解なことではありません。ただ、本刀が正にその『日向打ち』であることが、何よりも貴重なことです。
 本作は寸法二尺五寸九分弱で、反り深く、戦国期の刀としては、踏ん張りのある太刀姿を示していますが、戦国期には、稀に本作の如く美しい太刀姿の作があります。これはいわゆる『陣太刀』用として特注されたもので、『陣太刀』とは、出陣の際の戦勝祈願、戦場で本陣に掲げて総大将の印とする儀礼用の太刀です。やや黒みを帯びた地鉄に、波状の肌合いが幾重にも重なり、所々渦巻き状となり、肌目が総体的に肌立つなど、同派典型の綾杉肌を呈しており、細直刃調の焼き刃は、小乱れを交えて、匂い口は総体的に潤んでいます。如何にも月山一派らしい何とも古拙な銘振り、生ぶ茎で生ぶ穴一つも貴重です。総体的に刃が少し減っていますが、室町末期に於ける同派の動向を窺い知る上で、余りにも貴重な資料、月山寛安の『日向打ち』、特別保存鑑定も付いて、本誌初掲載の希少品です。














【売約済】商品番号:L-563 刀 月山寛安作 特別保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ