脇差し 則光(長船)
(のりみつ)


Wakizashi:Norimitsu



古刀・備前 室町前期
良業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:44.2(一尺四寸六分弱) 反り:0.9 元幅:2.76
先幅:1.59 元重ね:0.55 先重ね:0.38 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で角留める。 鍛え、地沸を厚く付けた小板目、板目肌良く詰み、細かな地景を多数配し、鎬寄りにほのかな直調の映りが立ち、地鉄精良。 刃文、腰開きの小互の目乱れに、丁子風の刃を交えた刃文は、刃縁に上品な小沸付いて、匂い深く、刃中柔らかな金筋、砂流しが掛かり、匂い口も明るく締まり気味となる。 帽子、小乱れて先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銀に金鍍金ハバキ。 時代研磨充分(ハバキ下僅かに刃あたり有り)。 白鞘入り。
 脇差拵え(江戸期 全長69 鞘 黒石目地 こじり鉄地僅かに銀象嵌 小柄赤銅一部魚子地金象嵌、和歌の図 柄 鮫に黒革漆塗り巻き、縁頭肥後、鉄地銀象嵌桜の図 目貫、赤銅容彫色絵、茄子の図 鍔 鉄研磨地透、二引両図)付き。



【コメント】
 長船則光は、初代が鎌倉末期、長光の門人と伝えており、嘉元三年紀の短刀が現存しています。銘鑑では、二代を南北朝中期の延文頃、三代が応永頃、四代が永享~文安頃、五代が長禄、寛正頃とし、以降室町最末期の天正頃まで九代に渡って継承されたことを記しています。しかしながら、室町初期の応永頃までの現存作はほとんど見られません。
 本作には年紀がありませんが、造り込み、地刃の出来からして、永享~文安頃の則光、銘鑑では四代目に当たる、五郎左衛門尉則光と鑑せられます。
 長船鍛冶では、『応永備前』と呼ばれた盛光、康光、師光、『末備前』と呼ばれた勝光、祐定、清光らとの中間期、室町前期の永享から、中期の応仁頃に掛けて活躍した長船鍛冶を、『永享備前』と呼びます。五郎左衛門尉則光と六郎左衛門尉祐光が、その双璧として名高く、祐光は、右京亮勝光、左京進宗光の父に当たります。 
 本作は地沸を厚く付けた小板目、板目肌が、良く詰んだ素晴らしい備前鍛えで、細かな地景を多数配し、鎬寄りにほのかな直調の映りが立っています。腰開きの小互の目乱れに、丁子風の刃を交えた刃文は、刃縁に上品な小沸付いて、匂い深く、刃中柔らかな金筋、砂流しが掛かり、匂い口も明るく締まり気味に冴えています。
 応永備前、永享備前共に、腰開き気味の互の目丁子乱れを主体とした焼き刃ですが、永享備前の方が、焼き刃の起伏(高低)が少ないのもポイントです。
また本作にも見受けられますが、古来より、焼き頭に沿って直調の映りが立つものには、名品が多いと言われます。
 付属の外装は、鉄地金具を使用しており、鐔は二引両透かし、縁頭は肥後、赤銅小柄には、『淡路島 通う千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守』と、有名な百人一首を金文字で添えています。 優しい姿の小振りな脇差しですが、研ぎ減りも最小限、永享備前を代表する則光の優品です。




















商品番号:L-633 脇差し 則光(長船) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥520,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ