短刀 和泉守兼定(会津十一代)
(いずみのかみかねさだ)

応宇佐美祐愛需
於越後国加茂造


Tanto:Izuminokami Kanesada



新々刀・陸奥 明治最初期
保存刀剣鑑定書付き
『会津十一代和泉守兼定展』図録所載品




刃長:22.6(七寸五分弱) 反り:僅かに内反り 元幅:2.16 元重ね:0.67 穴1



 平造り、庵棟低い。 鍛え、やや沈み勝ちに、美麗な小杢目が整った鍛えは、細やかな地沸、地景を配して梨子地肌の如く澄み渡り、地沸良く付き地鉄精良。 刃文、直調の焼き刃は、刃縁に所々荒沸を配し、ほつれ、打ちのけ掛かり、刃中柔らかな小足入り、匂い口は潤むように明るい。 帽子、直調で先僅かに掃き掛け丸く返る。 茎生ぶ、先急な刃上がりの栗尻、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 十一代兼定は、天保八年、会津若松城下に、十代の子として生まれました。幼名を友弥、後に清右衛門と改めています。十四歳の頃より、父に付いて鍛刀を学び、嘉永五年、十六歳の頃に会津藩に出仕、初め『兼元』と銘し、嘉永七年、十八歳の頃からは、父の代作代銘も行っています。文久三年四月、藩主松平容保の命により上洛、京都御所の警護に当たり、同年十二月、『和泉守』を受領、同時に『兼定』へ改銘、以後元治二年二月に、会津へ帰国するまでの作を、『洛陽(京)打ち』と言います。慶応元年八月、家督を相続、明治二年九月、父が没した後、藩命により、越後国加茂へ移住、以降明治七年九月までの五年間、この地で鍛刀しました。これを『加茂打ち』と言います。明治三十六年、六十七歳没。鍛刀地は、会津、京、越後、最晩年には東京でも鍛刀していますが、京、東京での作はほとんど見られません。
 作風は、小板目の良く詰むもの、無地風、板目がうねる肌物、柾目鍛えなどが見られ、刃文も直刃、湾れ、乱れ、三本杉風の互の目と多岐に渡ります。造り込みは、豪壮な作は稀で、姿尋常な作が多く見られます。これは同工自身が剣術にも長けていたため、武器として使用することを前提に、振り易く、バランスの良さを重視したためです。
 本作には年紀がありませんが、その銘振りから、いわゆる『加茂打ち』、明治五、六年の作と鑑せられます。注文打ちによる入念作で、『於越後国加茂造』という切り方は珍しいです。
 やや沈み勝ちに、美麗な小杢目が整った鍛えは、地色明るく、細やかな地沸、地景を配して、梨子地肌の如く澄み渡り、直調の焼き刃は、刃縁に所々荒沸を配し、ほつれ、打ちのけ掛かり、刃中柔らかな小足入り、匂い口は潤むように明るく、気品溢れる地刃の出来を示しています。
 本刀は、『会津十一代和泉守兼定展』図録にも所載されている、同工『加茂打ち』の代表作で、その解説には、『地肌の底に、良く詰んだ鍛え肌が透き通るように見えて美しく、古作粟田口物を見るようだ。』とありますが、正にその通りであり、これぐらい綺麗な十一代の短刀は、見たことがありません。
  新撰組鬼の副長、土方歳三の愛刀としても名高い、会津十一代兼定による古作粟田口写しの傑作、刀剣ブームの追い風に乗って、更にその人気に拍車が掛かっています。見逃せない一振りです。








【売約済】商品番号:L-654 短刀 和泉守兼定(会津十一代) 保存刀剣鑑定書付き 『会津十一代和泉守兼定展』図録所載品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ