刀 (太刀銘)次泰作
(つぐやすつくる)
昭和六十二年春吉日


Katana:Tsuguyasu



現代・千葉
無鑑査刀匠




刃長:75.9(二尺五寸強) 反り:2.9 元幅:3.51
先幅:2.51 元重ね:0.84 先重ね:0.63 穴1




 鎬造り、鎬高目庵棟尋常、中切っ先。 表裏刀樋を茎中程で掻き流す。 鍛え、小板目詰んだ精良な地鉄は、上品な肌立ちを見せ、沈み勝ちに細かな地景を配し、地沸良く付き、地鉄精良。 刃文、鎬に掛かる程華やかな丁子刃は、大房丁子、重花丁子を交えて、総体的にやや逆掛かり、刃中に葉、柔らかな丁子足が長く入り、匂い口締まる。 帽子、乱れ込んで、先尖り風に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ太刀ハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 次泰は、松田周二と言い、昭和二十三年、北海道北見市に生まれました。昭和四十八年に、長野の無鑑査刀匠、高橋次平に入門、師次平は、人間国宝宮入行平の一番弟子、昔気質の厳格な人物で、入門して四年間は炭切りのみ、六年目にして、初めて刀鍛えの許しを得たと言います。昭和五十五年作刀認可を受けると、独立して、翌五十六年に、千葉県船橋市習志野に鍛刀場を開設、同年日刀保新作刀展初出品で努力賞を受賞、以後九回受賞、優秀賞は五回、平成八年に日刀保会長賞を受賞、以後特賞は八回受賞、平成十八年には高松宮記念賞を受賞、同年千葉市若葉区多部田町に鍛刀場を移設、平成二十一年に無鑑査認定を受けました。
 『無鑑査』とは、日刀保が主催する新作名刀展審査会に於いて、『入賞十五回の内、特賞を八回以上受賞し、その内、高松宮記念賞を二回以上受賞した者、若しくは、特賞を十回以上受賞した者の中から選任され、尚且つ、刀匠として卓抜した技術を持ち、人格が高潔でなければならない』という明確な規定があります。
 同工の場合、三十代、四十代までは、備前伝の華やかな丁字刃を主体とした出来が多く、ここ二十年くらいは、平安末期から鎌倉初期の古備前鍛冶に範を取った、直刃調で小沸出来の小丁字刃を主体に作刀しています。
 本作は昭和六十二年、同工三十九歳の頃の作、寸法二尺五寸強、鎌倉中期の豪壮で華やかな備前太刀を見事に再現した、同工前期作に於ける傑出の一振りです。
小板目詰んだ精良な地鉄は、上品な肌立ちを見せ、沈み勝ちに細かな地景を配し、鎬に掛かる程華やかな丁子刃は、大房丁子、重花丁子を交えて、総体的にやや逆掛かり、刃中に葉、柔らかな丁子足が長く入り、匂い口の締まった素晴らしい出来映えです。
 国宝指定刀剣の約八割を占めるのが鎌倉期の作、その中で、美術的にも実用的にも最高峰と言われるのが、備前太刀です。多くの刀匠が追い求め続ける八百年前のいにしえの技術、その再現に限りなく近づいたとされる一人が松田次泰、
 同工の場合、昭和六十年代、平成初め頃の前期作、華やかな丁子刃の作は、今でも大変人気が高く、中々出て来ませんので貴重です。銅に金着せの太刀ハバキがピシッと付いています。 無鑑査刀匠、松田次泰三十代最後の意欲作、鎌倉期の華やかな備前太刀の美点を存分に示した優品です。














【売約済】商品番号:L-669 刀 (太刀銘)次泰作 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ