脇差し 水府住源徳勝作
(すいふじゅうみなもとののりかつつくる)

安政七秊(年)二月日(刻印) (一八六〇年)


Wakizashi:Suifuju Minamotono Norikatsu



新々刀・水戸 江戸末期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:37.8(一尺二寸五分弱) 反り:0.2 元幅:3.08 元重ね:0.74 穴1



 平造り、庵棟やや低目。 鍛え、波状の柾肌が強く流れる地鉄は、地沸を厚く敷き、地鉄良好。 刃文、直調の刃取りで、刃中比較的焼き頭の揃った小互の目を焼いた刃文は、沸足繁く入り、金筋、砂流しが掛かり、刃縁に沿って沸筋が打ちのけ、二重刃風にうねる。 帽子、乱れ込んで小丸に長く返り、鎬寄りを区際まで小乱れ調に焼き下げ、棟も烈しく焼く。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に赤銅着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 現代拵え(全長・59、柄・14.5黒糸巻き 縁・頭、銀地黒塗り菊花図 目貫、銀地金色絵菊花図 鐔、真鍮地長丸形鬼・鍾馗図 鞘、黒艶塗り 下げ緒、紺)付き。
 



【コメント】
 勝村徳勝は、文化六年生まれ、市毛徳鄰門人の関内徳宗に学び、後に水戸藩工となります。嘉永五年には、水戸烈公こと徳川斉昭の命により、江戸に出て、細川正義や運寿是一にも学んでいます。斉昭の向こう槌も務めました。尊皇攘夷運動の総本山とされた水戸藩、運動が激化すると、水戸刀に対する需要も著しく高まったため、藩は江戸小石川の水戸家上屋敷に鍛刀場を設け、現場責任者として徳勝を任命、弟子数名とで構成された刀剣製作者集団は、『勝村工房』と呼ばれました。前期作は板目鍛えに互の目が多く、中期以降は大和伝に終始、柾目鍛えに砂流し掛かる直刃を焼き、尻懸風に小互の目が連れる刃もあります。明治五年、六十四歳にて没。
 本作は安政七年、同工五十三歳の頃の作で、銘振り、出来共に典型とも言える一振りです。寸法一尺二寸五分弱、重ねのガシッとした平脇差しで、大和保昌柾目鍛えの如く、波状の柾肌が強く流れる地鉄は、地沸を厚く敷き、直調の刃取りで、刃中比較的焼き頭の揃った小互の目を焼いた刃文は、沸足繁く入り、金筋、砂流しが烈しく掛かり、刃縁に沿って、沸筋が打ちのけ、二重刃風にうねり、帽子の返り長く、鎬寄りを区際まで小乱れ調に焼き下げ、棟も烈しく焼き、地には飛び焼き、湯走りが見られるなど、地刃の働きは、正に同工の真骨頂とも言える素晴らしい出来です。同じ年紀で、同様の出来の刀が、重要刀剣に指定されているように、本作も同工の代表作に成り得るかと思われます。特別保存までは間違いありません。地刃は至って健全、安政年紀入り、同工円熟期の典型作、外装は現代作ながら、時代風に上手にまとめています。














商品番号:L-687 脇差し 水府住源徳勝作 拵え付き 保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥460,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ