刀 無銘(伝雲重)

Katana:Mumei



古刀・備前 南北朝期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:69.4(二尺二寸九分) 反り:2.2 元幅:3.06
先幅:2.14 元重ね:0.56 先重ね:0.50 穴2




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目、流れ肌の肌立つ鍛えに、無地風に詰んだ綺麗な小板目を交えた地鉄には、地斑映り、乱れ映りも見られ、 地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、刃中小丁字、小乱れを交えて、総体的に潤み勝ちとなっています。 帽子、直調で焼き詰め風となる。 茎大磨り上げ、先極浅い栗尻、鑢勝手下がり。 銀ハバキ。 最上研磨。 白鞘入り。
 



【コメント】
 雲類とは鎌倉末期から南北朝期に掛けて、備前国宇甘(うかい)庄で鍛刀していた一派で、現在の岡山市北区御津宇甘(みつうかい)付近に当たります。備前国に住しながら、長船鍛冶とはその系統を異にする刀工集団で、雲生、雲次、雲重と続き、皆一様に『雲』の字を通字としたことから、この呼び名があり、宇甘派とも呼ばれます。作風は直刃調に小丁子乱れ、小乱れを交えた刃文を基本とし、刃が逆掛かる場合もあり、杢目、板目の詰んだ鍛えに、地斑映りと呼ばれる、断続的な映り、段映り、乱れ映りがまま見られるのも特徴です。地に柾目が目立ち、刃にほつれ、砂流し掛かり、帽子が掃き掛けて焼き詰めるなど、大和気質が強く出る作も見られます。雲生は細身の太刀姿、雲次はやや姿が強くなり、南北朝期の雲重になると、身幅広く切っ先の延びたものが割合多く見られ、盛期であった相州伝の影響からか、刃沸が更に強くなる傾向があります。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、雲重と極められた一振り、茎のサビ色があまり良くないですが、寸法二尺二寸九分、南北朝期らしい重ねの薄い造り込みで、反りがやや深く付いた、しなやかな南北朝太刀です。
 板目、流れ肌の肌立つ鍛えに、無地風に詰んだ綺麗な小板目を交えた地鉄には、地斑映りと呼ばれる、暗帯部分を交えた断続的な映り、乱れ映りも見られます。
 細直刃調の焼き刃は、刃中小丁子、小乱れを交えて、総体的に潤み勝ちとなっています。地に細かな鍛え、刃が白く潤んでやや染みる箇所もありますが、南北朝期の刀ですから、多少の研ぎ減りは致し方ありません。特保鑑定が付いたばかりの雲重、中々見所のある一振りです。












商品番号:L-697 刀 無銘(伝雲重) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,200,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ