刀 備州岡山住竹貫斎義隆(花押)
(びしゅうおかやまじゅうちくかんさいよしたか)
明治二年八月吉日


Katana:Bisyu Okayamaju Chikukansai Yoshitaka(Kao)



現代



刃長:78.1(二尺五寸八分弱) 反り:2.2 元幅:3.58
先幅:2.73 元重ね:0.84 先重ね:0.58 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 表真の倶利伽羅、裏梵字の彫り。 鍛え、地沸微塵に厚く付き、細かな地景を交えた小板目肌が良く詰まった地鉄は、 地鉄概ね精良。 刃文、小互の目乱れを主体に、小乱れ、尖り風の刃を交えて沸匂い深い付く。 帽子、湾れ調で先大丸風に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銀に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 義隆は逸見(へんみ)大吉と言い、弘化三年生まれ、岡山県の出身で、後に京で尾崎助隆の孫、天竜子正隆の門人となり、『竹貫斎』と号しました。
 幕末から明治最初期に掛けて活躍、『明治正宗』と称されたが、明治九年の廃刀令と共に刀鍛冶を廃業しました。鍛刀期間が短いため、作刀は極めて少なく、彫り物の名人でもあります。同工が稀代の天才と呼ばれたのは、刀工のみならず、研ぎ師、鞘師、金工師、漆工芸、竹細工、木彫り、書道、蒔絵、茶道、華道、柔術等々、様々な分野で秀でた才能を持っていたためです。大正九年、七十九歳没。
 本作は寸法二尺五寸八分、身幅3.58㎝、反り深めに付いた豪快な太刀姿を示した堂々たる一振りですが、銘はダメでしょう。
 小互の目乱れを主体に、小乱れ、尖り風の刃を交えて沸匂い深い刃文、地沸微塵に厚く付き、細かな地景を交えた小板目肌が良く詰まった地鉄は、研ぎが古いため、現状地刃が冴えませんが、研げば素晴らしい地刃が出て来るでしょう。
 表の堂々たる真の倶利伽羅は、越前記内風で迫力満点、刀身のみで1,060g、銘はさておき、刀の魅力でご納得頂ける逸品です。














【売約済】商品番号:L-774 刀 備州岡山住竹貫斎義隆(花押) 現代

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年7月号
(6
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ