刀 廣次
(ひろつぐ)


Katana:Hirotsugu



古刀・相模 室町後期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:64.4(二尺一寸三分弱) 反り:1.2 元幅:2.98
先幅:1.98 元重ね:0.67 先重ね:0.46 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目が沈み勝ちに詰んで、所々強く肌立つ鍛え、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ調の刃取りで、刃中小互の目、小乱れ調の刃が複雑に入り乱れる焼き刃は、刃沸強く、金筋、砂流しが繁く入り、物打ちから切っ先付近の地には、飛び焼きが点続する。   帽子、湾れ込んで、ほぼ一枚風に深く焼き、返り長い。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢勝手下がり。 銀二重ハバキ。 時代研磨(切っ先部分に小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 南北朝期の名工相州廣光、秋廣の亡き後、やや振るわなかった相州鍛冶ですが、 室町後期文明から明応頃に掛けて、廣正、正廣、吉廣、廣次、助廣らが大いに活躍し盛り返しました。この頃の相州鍛冶の大きな特徴として、華やかな乱れ刃、皆焼き刃、飛び焼きといった、伝統的な作風は墨守されながらも、当時流行であった備前伝、美濃伝に影響を受けた作も多く見られるようになります。
 本工は鑑定書に『相模・明応頃』と但し書きがあるように、明応(一四九二~一五〇一年)期の相州鍛冶を牽引した名工です。寸法二尺一寸三分弱、やや反り浅く、鎬高めの造り込みは、当時主流であった片手打ちスタイルのカチッとした一振りです。相州廣次系は、初代を南北朝最初期の建武頃と伝え、以降同銘が数代に渡っていますが、実際文明頃の廣次より時代の上がるもので、正真確実なものは現存していません。本工は文明廣次の子とされています。本作は板目が沈み勝ちに詰んで、所々強く肌立つ鍛え、互の目乱れ調の刃取りで、刃中小互の目、小乱れ調の刃が複雑に入り乱れる焼き刃は、刃沸強く、金筋、砂流しが繁く入り、物打ちから切っ先付近の地には、飛び焼きが点続し、帽子もほぼ一枚風に深く焼くなど、地刃に細かな鍛えはありますが、この期の相州物らしい出来映えで、刃が良く働いています。これまで未鑑定でしたが、この度特別保存鑑定が付いた初出しの逸品、これは見逃せません。














商品番号:L-782 刀 廣次 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥560,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ