刀 (朱書き)備中国青江吉次
(びっちゅうのくにあおえよしつぐ)


Katana:Biccyunokuni Aoe Yoshitsugu



古刀・備中 鎌倉最末期~南北朝最初期 
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.1(二尺三寸一分) 反り:1.0 元幅:3.11
先幅:2.01 元重ね:0.70 先重ね:0.49 穴3




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先ふくら枯れ気味に延びる。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目、杢目、流れ肌が上品に肌立つ鍛えは、所々いわゆる縮緬風の肌合いを呈し、細かな地景を配し、総体的に良く詰んで、地鉄良好。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、刃中小互の目、小丁字、小乱れを交え、小沸が良く付き、総体的にやや逆掛かって、物打ち付近から上は、直調の焼き刃となり、刃中葉、細かな直足が繁く入る。 帽子、直調で先尖り風に長く返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 備中国で平安末期から室町期まで大いに栄えたのが青江派で、鎌倉中期頃までの作を『古青江』、それ以降南北朝末期までの作を『青江』と大別しており、『古青江』では守次、恒次、貞次、俊次、次忠、助次、『青江』では次直、次吉、吉次、直次らがその代表工として挙げられます。同派の作風は時代と共に変遷が見られ、『古青江』は、刃沸強く、匂い口やや沈み勝ちの直刃に、小乱れを交えた出来を主体としており、同時代の古備前に近い雰囲気があります。それ以降でも、鎌倉末期から南北朝初期頃の過渡期の刀工は、沸付きがやや穏やかになる程度、刃縁が締まって明るく冴えた匂い勝ちな直刃、特色ある逆丁字乱れの作風が見られるようになるのは、南北朝中期になってからです。鍛えには、チリチリと杢目立った縮緬肌、周りと比べて黒く澄んだ肌合いの澄み鉄(心鉄の別称)、段映り、地斑映り、筋映りなど、特徴ある働きもまま見られます。
 本作は大磨り上げですが、寸法二尺三寸一分、反り浅め、切っ先はふくら枯れ気味で延び心の姿、茎にはやや剥落が目立ちますが、『朱書き』があり、表は『備中国青江吉次』、裏にも痕跡があるものの、判読不明となっています。鑑定書でも正式に『朱書き』として認めています。古来より本阿弥家では、生ぶ茎無銘作に限って、『朱銘』によって極めていましたが、明治期以降、『朱書き』として、生ぶ茎でなくとも、朱で極めを入れるようになりました。
 青江吉次は鎌倉最末期から南北朝最初期、嘉暦から建武頃をその活躍期とする青江鍛冶の代表工で、在銘品は極僅かですが、重要文化財の在銘太刀が一口、重要美術品の刀が二口、短刀が一口残されています。板目、杢目、流れ肌が上品に肌立つ鍛えは、所々いわゆる縮緬風の肌合いを呈し、細かな地景を配し、総体的に良く詰んで、直湾れ調の焼き刃は、刃中小互の目、小丁字、小乱れを交え、小沸が良く付き、総体的にやや逆掛かって、物打ち付近から上は、直調の焼き刃となり、刃中葉、細かな直足が繁く入り、帽子も先が尖り風で返りが長いなど、随所に青江らしい働きが見られます。焼き刃が所々やや染み勝ちに潤んでいますが、寸法充分、地刃に大きな疵はありません。前述したように、『青江鍛冶』でも、吉次のように過渡期の刀工は、匂い勝ちではなく、やや沸勝ちな刃を焼く点も一つの見所です。
 特に茎に残された朱書きは、如何にも雰囲気があって、無銘極めとしては大変箔が付きます。青江鍛冶の特徴を存分に示した、吉次極めの佳品です。
















商品番号:L-798 刀 (朱書き)備中国青江吉次 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,780,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ