刀 上野大掾藤原久国
(こうずけだいじょうふじわらのひさくに)

(朱書き)大神朝臣干城所持
(おおがみあそんたてきしょじ)


Katana:Kohzukedaijo Fujiwarano Hisakuni



新刀・土佐 江戸中期
保存刀剣鑑定書付き
佐藤寒山先生鞘書き有り




刃長:70.1(二尺三寸一分強) 反り:2.4 元幅:3.29
先幅:2.25 元重ね:0.81 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏刀樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、良く鍛えられた板目肌は、地沸を厚く付けて、上品に肌立ち、刃寄りに流れ肌を交えて、地鉄良好。 刃文、互の目乱れに湾れを交えた焼き刃は、刃沸良く付き、大小ある玉状の飛び焼きを多数配し、匂い口は明るく冴える。 帽子、直調で小丸に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 久国は土佐国幡多(はた)郡の出身、同国出身で丹波守吉道(大阪二代)門人であった上野大掾国益の養子となり、木村平右衛門と称しました。初め上野守を冠し、江戸中期宝永頃に京へ上り、二代近江守久道に学び、上野大掾を受領、土佐へ戻り活躍、晩年は藤原姓を冠しています。寛保元年没。作は宝永から享保末年頃まで見られ、地刃の出来は三品風を継承した華やかな乱れから直刃まであります。  
 本作は藤原姓を冠していることからも、同工晩年に当たる享保頃の作、寸法二尺三寸一分強、反り深く付いた、雄壮な太刀風の造り込みを示しています。
 良く鍛えられた板目肌は、地沸を厚く付けて、上品に肌立ち、刃寄りに流れ肌を交えており、互の目乱れに湾れを交えた焼き刃は、刃沸良く付き、匂い口は明るく冴えて、大小ある玉状の飛び焼きを多数配するなど、覇気溢れる出来映えを示しています。地刃はしっかりとして健全、特別保存までは間違いありません。
 茎裏には『大神朝臣干城所持』と朱書きがあります。干城(たてき)とは、谷干城のことで、幕末から明治に掛けて土佐藩士、軍人、政治家として活躍した人物 一般的には『たにかんじょう』とも呼ばれます。
 谷家は大神姓、長宗我部氏の旧臣で、土佐藩の上士の家柄、そんな家系に生まれた干城は、土佐勤皇党の武市半平太との出会いにより、尊皇攘夷へ傾倒、坂本龍馬、中岡慎太郎、板垣退助、西郷隆盛らとの出会いを経て、武力倒幕を目指し戊辰戦争などで活躍しました。維新後の西南戦争では、熊本鎮台司令官として熊本城を死守するなど、軍人としても活躍し、陸軍中将まで登り詰め、後に政治家に転じて、第一次伊藤博文内閣の初代農商務大臣も務めました。
 土佐藩上級武士でありながら、下級武士で1つ年上であった坂本龍馬を敬愛し、龍馬暗殺現場に真っ先に参上し、深手を負った中岡慎太郎から状況を聞き出し、生涯を掛けて真犯人を探したというエピソードは良く知られています。また日本刀にも大変造詣が深く、コレクターとしても大変有名です。 寒山先生の鞘書きにも『谷干城遺愛之一』とあるように、郷土刀としてこよなく愛したのが久国刀、朱書きも鮮明に残っており、鑑定書に於いても朱書きを認めています。
 上野大掾久国会心の一振りで、あの谷干城が差し料として伝わる大変貴重な一振り、これは見逃せない目玉商品です。












【商談中】 商品番号:L-864 刀 上野大掾藤原久国 保存刀剣鑑定書付き 佐藤寒山先生鞘書き有り

価格: ¥1,100,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年7月号
(6
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ