刀 鴨神水義虎造之(刻印)
(おうしんすいよしとらこれをつくる)
宮脇小源太所持 応彫需


Katana:Oushinsui Yoshitora



新々刀・山城 江戸末期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:72.2(二尺三寸八分強) 反り:1.6 元幅:3.33
先幅:2.35 元重ね:0.68 先重ね:0.49 穴1




 鎬造り、鎬三ッ棟尋常、大切っ先ふくら枯れる。 表は棒樋と文字彫り、裏は棒樋をハバキ上で丸留めにして樋中に素剣を浮き彫りにする。 鍛え、沈み勝ちに詰んだ小板目肌に、所々流れ肌が強く肌立って、地沸付き地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした刃文は、小互の目を交えて、刃縁に小沸が良く付き、刃中匂い深く、足が長く入り、匂い口も潤むように明るい。 帽子、乱れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(僅かに薄サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 義虎は、幕末安政から明治初めに掛けて、京都府木津川市にある、岡田鴨神社付近で鍛刀したと伝わる刀匠で、粟田口藤四郎吉光三十五代孫と称し、鴨神水、雲龍子と号しました。出自、系統に関しては、はっきりとしませんが、茎に水心子正秀と同様の刻印を入れる場合があることから、水心子系門人なのか、或いは正秀に私淑した同工がそれに倣ったとも考えられます。
 本作には年紀はありませんが、寸法二尺三寸八分強、ふくらの枯れた大切っ先で身幅のカチッとした造り込みは、幕末然とした雄壮な一振り、沈み勝ちに詰んだ小板目肌に、所々流れ肌が強く肌立って、互の目乱れを主体とした刃文は、小互の目を交えて、刃縁に小沸が良く付き、刃中匂い深く、足が長く入り、匂い口も潤むように明るい出来映えです。
 表は棒樋と文字彫り、裏は棒樋をハバキ上で丸留めにして、樋中に素剣を浮き彫りにしています。簡素な意匠ながら、狂いのない鏨運びで、大変巧みな彫り口を示しており、作自体ほとんど見受けない刀工ですが、彫りは上手です。
 腰元の文字彫りは、少し文字の配列などが異なりますが、司馬遷が記した歴史書『史記』にある一節、『断而敢行、鬼神避之。』に倣ったものと思われます。
 これは『固い決意を持って敢行すれば、鬼神さえもそれを妨げることは出来ない。』の意、本刀が作られた幕末の京都と言えば、勤皇党を始めとする血気盛んな志士達が多数往来し、血生臭い死闘が繰り広げられていました。そんな中、所持者である宮脇小源太なる人物も、自らが課せられた使命を大義として掲げ、それに向かって迷いなく進むために、この言葉を刀身に刻み、守護刀として命を預けたのでしょう。一武人の気概が伝わってくる魂の込められた一振り、鴨神水義虎の貴重な現存作であると共に、激動の幕末史を垣間見るかのような 高揚感溢れる刀です。














商品番号:L-899 刀 鴨神水義虎造之(刻印) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥780,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ