刀 南紀住藤原国光
(なんきじゅうふじわらのくにみつ)
慶應三丁卯年八月日(一八六七年)
腰車土壇拂 武州於千住山田源蔵試之


Katana:Nankiju Fujiwarano Kunimitsu



新々刀・紀伊 江戸末期
拵え付き
特別貴重刀剣認定書付き
寒山先生鞘書付き




刃長:72.1(二尺三寸八分弱) 反り:1.5 元幅:3.16
先幅:2.19 元重ね:0.73 先重ね:0.54 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目、杢目、波状の肌合いが、所々大模様に肌立つ鍛え、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、広直刃湾れ調の刃取りで、刃中互の目が比較的揃った刃を焼き、所々金筋、砂流しが烈しく掛かり、匂い口は沈み勝ちとなる。 帽子、湾れ込んで先火炎風に掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上り栗尻、鑢化粧大筋違い。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨(刃区に刃こぼれ有り)。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(現代作 全長104 黒に赤の斑点模様鞘、深緑に薄茶下げ緒 柄、鮫に鉄紺柄巻き、縁頭、赤銅魚子地据え紋武者と武具図、目貫、赤銅容彫兜図 鍔、鉄地丸形据え紋象嵌金象嵌蜘蛛の図)付き。



【コメント】
 国光は紀伊国出身で三崎太郎と称し、幕末期の安政から明治初年に掛けて活躍、後に江戸四谷へ移住、現在の新宿区四谷付近でも作刀していますが、作はほとんど見られません。
 寸法二尺三寸八分弱、しっかりとした造り込みで、地刃健全、板目、杢目、波状の肌合いが、所々大模様に肌立つ鍛え、広直刃湾れ調の刃取りで、刃中互の目が比較的揃った刃を焼いており、所々金筋、砂流しが烈しく掛かり、匂い口は沈んでいます。
 本刀には、八代目山田浅右衛門こと山田源蔵吉豊による、『腰車土壇拂』の截断切り付け銘が刻まれています。『腰車』とは刀などで,腰を真横から水平に斬ることで、両車と同じ箇所、太々に次ぐ堅い部位に当たりますので、その斬れ味が如何に鋭いは想像に難く有りません。『武州於千住』とは、現在の荒川区南千住付近に当たり、かつてこの地に江戸前期から明治初年に掛けて存在した『小塚原刑場』を指しています。
江戸四谷は、源清麿、固山宗次らも鍛刀していた場所、両名にも山田源蔵吉豊の截断銘入りの作が見られ、宗次には特に多く残されています。時代的に見て、国光は宗次との交流があったと考えられ、その繋がりからこの試し斬りが行われた可能性は充分に考えられます。
 南紀国光による『江戸四谷打ち』の希少な現存作、且つ同工最強の一振り、銘も全く問題ありません。
 外装は黒に赤の吹きかけ斑模様鞘で、鉄地に据え紋金象嵌蜘蛛の巣図鐔などが付いています。
















商品番号:L-910 刀 南紀住藤原国光 拵え付き 特別貴重刀剣認定書付き 寒山先生鞘書付き

価格: ¥730,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ