刀 石堂輝秀作
(いしどうてるひでつくる)


Katana:Ishido Teruhide



現代・東京
一鐶吊旧陸軍軍刀拵え入り




刃長:66.7(二尺二寸強) 反り:1.3 元幅:3.32
先幅:2.36 元重ね:0.77 先重ね:0.56 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低目、中切っ先。 鍛え、小板目肌柾掛かり、沈み勝ちに良く詰み、地沸付き、地鉄良好。 刃文、匂い勝ちに小沸の付いた互の目丁子乱れは、尖り風の刃を交え、刃中足繁く入る。 帽子、焼き深く湾れ込んで返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に銀鍍金ハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ有り)。
 一鐶吊旧陸軍軍刀拵え(全長100 柄25 茶糸巻き 総金具 真鍮石目地茶塗り桜図 目貫 真鍮地金色絵桜図 鐔 真鍮地葵形桜図(八枚切羽) 鞘 国防色石目塗り 刀緒欠)入り。



【コメント】
 石堂輝秀は菊池清一と言い、明治三十一年生まれ、江戸期より四百年続く、江戸石堂派の名跡を受け継いだ昭和の名工で、東京都渋谷区恵比寿に住しました。 九代目石堂秀一に入門し、石堂家の鍛錬法を学び、後に石堂家十代目を継承、作は昭和初期から昭和十八年頃まで見られ、戦時中は軍刀鍛冶として活躍、後年は大工道具、特に鉋(かんな)造りの名人としても名を馳せました。現在もその子孫らが、栃木県小山市で大工道具専門店を行っています。 本作は寸法二尺二寸強、刀身のみで812gの真面目な軍刀、匂い勝ちに小沸の付いた互の目丁子乱れは、尖り風の刃を交え、刃中足が繁く入っています。  外装は昭和十三年~十八年製、九八式陸軍軍刀拵え、外装各部の金具類の品質は並、鞘にはスレ感がやや見受けられますが、ストッパーもカチッと止まります。通し番号は『六十四』、切羽も八枚揃いです。 四百年続いた石堂一派の血脈を現代に伝える名工、石堂輝秀の軍刀、斬れ味鋭い鉋名人として認知された結果、近年軍刀の方も人気が高まっていますので、今が狙い目です。
















商品番号:L-925 刀 石堂輝秀作 一鐶吊旧陸軍軍刀拵え入り 

価格: ¥270,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ