刀 高羽弘
(たかばひろし)
昭和五十六年二月日


Katana:Takaba Hiroshi



現代・岐阜
第十七回新作刀展入選作




刃長:64.3(二尺一寸二分弱) 反り:1.2 元幅:3.23
先幅:2.71 元重ね:0.56 先重ね:0.42 穴1




 切刃鎬造り、鎬低く庵棟低目、大切っ先。 鍛え、板目交じり柾目肌良く詰み地沸え付き地鉄精良。 刃文、互の目乱れて小沸え深く付き金筋・砂流し掛かり匂い足入る。 帽子、大丸・先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢勝手下り。 銅に金着せハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 高羽弘は昭和二十九年生まれ、岐阜県関市の刀匠で、弘が本名、刀匠銘は弘宗と言います。関の名工、渡辺万次郎兼永門人であった父、高羽誠(刀匠銘秀忠)に学び、また父が宮入昭平より研修を受けたことから、宮入一門会との交流があり、平成三年に入会しています。志津三郎兼氏の美濃相州伝を目標として作刀に励む傍ら、近年では日本刀玉鋼を使用した日本刀鍛錬ベースのナイフ、切り出し、斧、紙刀、庖丁なども手掛ける人気刀匠です。
 本作は昭和五十六年、同工二十七歳の頃の作、重要文化財指定品、志津三郎兼氏在銘の片切り刃太刀を完璧に再現した会心の一振り、本作はこの年の第十七回新作刀展入選作であり、同工の出世作ともなった逸品です。
 地刃の出来は勿論のこと、寸法、反り、身幅など、全て本歌に忠実に鍛えています。地沸を微塵に厚く敷いた板目肌は、細かな柾肌、所々強い波状の肌合いを交え、柔らかな地景をふんだんに配した鍛えで、小互の目に湾れを交えた焼き刃は、刃縁小沸出来で匂い深く、刃中互の目足、葉が繁く入り、柔らかな金筋、砂流し掛かっています。特にこの匂い口の柔らかさと明るさは、通常現代刀では中々出せないと思われます。前述したように出品作のため、研ぎも素晴らしく、正に本歌を見るような錯覚に陥ります。本作をご覧頂ければ、同工の実力を伺い知ることが出来ます。
 岐阜の名工高羽弘の手によって、現代に蘇った志津三郎兼氏、これは絶対にコレクションに加えて頂きたい同工自信作です。








【売約済】商品番号:L-939 刀 高羽弘

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ