刀 筑前国福岡住守次
(ちくぜんのくにふくおかじゅうもりつぐ)


Katana:Chikuzennokuni Fukuokaju Moritsugu



新刀・筑前 江戸前期
拵え付き
内外特別保存鑑定書付き




刃長:69.8(二尺三寸一分弱) 反り:1.2 元幅:3.12
先幅:1.97 元重ね:0.76 先重ね:0.47 穴3(内2埋)




 鎬造り、鎬尋常三ッ棟高め、中切っ先。 鍛え、地沸をこの上なく厚く敷いた板目肌は、杢目を交えて、緩みなく良く詰まった鍛えで、繊細な地景をふんだんに配し、地鉄精良。 刃文、互の目乱れを主体とした焼き刃は、丁子、小互の目、矢筈風の刃を交えて、刃縁匂い勝ちに小沸が良く付き、地には随所に丸い飛び焼きを配し、刃も明るく冴える。 帽子、焼き深めで、直調で小丸に長く返り、鎬地、棟寄りを湾れ調に棟区近くまで焼き下げる。 茎生ぶ、先丸栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(棟に小サビ)。 白鞘入り。
 突兵拵え(幕末期 全長98  鞘 青貝微塵塗り、腰刻黒塗り 馬針、銀地額鋤出彫、片切彫、桐図 柄 刻み黒塗り、出目貫、銀地容彫金素銅色絵、波千鳥図  縁頭、鯉口、長こじり、銀地鋤出し彫金色絵、波濤図 鍔 銘:勝房作 鉄地お多福木瓜形鋤出彫、金布目象嵌 銀縄目覆輪 両櫃孔 小柄櫃四分一埋 はめ込み型の合わせ目釘)付き。



【コメント】
 福岡石堂一派は、筑前新刀中、筑前信国一派と双璧を成す名門で、江戸石堂、紀州(大坂)石堂一派と共に、新刀期の備前伝を代表する名作を多く残しています。
 是次、守次を代表工とし、是次は江戸へ出て、武蔵大掾左近是一に備前伝を学び、帰国後黒田家に仕えました。
 作風は、備前一文字丁子を本位としますが、他の石堂派に比べ、特に刃が逆掛かる傾向が見られます。
 本工の守次は寛永十年生まれ、権三兵衛尉、半三兵衛尉と称し、父利平没後は 五歳上の従兄是次に師事しました。一説によると、是次の嫡男利次が早逝であったため、守次が嫡流を継いだと伝えています。作は延宝から元禄まで、元禄十四年、六十九歳没。
 本作は寸法二尺三寸一分弱、反り浅めに付いて、豪壮な姿ではありませんが、地刃如何にも健やかで、気持ちの良い一振りです。
 地沸をこの上なく厚く敷いた板目肌は、杢目を交えて、緩みなく良く詰まった鍛えで、繊細な地景をふんだんに配しています。
 互の目乱れを主体とした焼き刃は、丁子、小互の目、矢筈風の刃を交えて、刃縁匂い勝ちに小沸が良く付き、随所に丸い飛び焼きを配し、刃も明るく、地刃の冴えは超一級です。帽子も焼き深めで、直調で小丸に長く返り、鎬地、棟寄りを湾れ調に棟区近くまで焼き下げています。
 いわゆる逆丁字刃ではありませんが、鎬に掛かる程華やかな刃文、鍛えも抜群で、地刃に欠点がありません。
 付属の外装は幕末突兵拵え、腰刻みの入った青貝微塵散らし鞘、銀縄目覆輪の掛かった鉄鐔は在銘、その他銀地の良い金具を使用して、お洒落に格好良くまとまっています。
 内外特別保存鑑定の付いた福岡石堂守次、絶対に見逃せない逸品です。
























商品番号:L-988 刀 筑前国福岡住守次 拵え付き 内外特別保存鑑定書付き

価格: ¥1,580,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ