刀 無銘(美濃國直江志津)
(みののくになおえしず)


Katana:NaoeShizu



古刀・美濃 南北朝期
第四十九回重要刀剣指定品
本阿弥光遜鞘書き付き




刃長:72.7(二尺三寸九分半) 反り:1.3 元幅:3.36
先幅:2.52 元重ね:0.71 先重ね:0.57 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬高目庵棟尋常、やや大切っ先、表裏・棒樋をハバキ元で丸留め、その下に表は梵字と茎に掛け棒樋に添え樋を茎先で掻き流し・裏は茎中程に掛け素剣を彫る。 鍛え、杢目交じり板目肌所により柾掛かり良く詰み地沸え付き地鉄精良。 刃文、やや尖りごころ互の目乱れて小沸え付き匂い口やや締りごころとなる。 帽子、小乱れ掃き掛け小丸に深く返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢勝手下り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 直江志津(無銘)の重要刀剣、特別重要刀剣並を誇る地刃の健全さは衝撃的です。
美濃國は鎌倉最末期に、大和國より兼氏が来住し、志津の地で一門を形成し、新たな息吹を吹き込みました。その死後、子又は門人である兼次、兼信、兼友、兼延らが、同國直江村に移住し作刀を続けたことで、一門は更なる繁栄を遂げました。これらの刀工群を総称して『直江志津』と呼びます。同派の最盛期は南北朝中期から室町初期までとされ、作風は豪壮な姿に大和、美濃、相州伝の混在する覇気に富んだ作が多いです。 本作は驚く程地刃が健やかなため、一見特別重要若しくは慶長新刀ではないかと思われるでしょう。それ程凄い刀です。焼き刃は大互の目を基調に、角張る刃、尖り刃、頭の丸い互の目など多種の刃が交じり、匂い口締まり気味です。柔らかみのある板目肌は、杢目柾目を織り交ぜて大変美しく整っています。腰元に素剣と梵字の生ぶ彫りが残っていることから考えると、元来は二尺八寸を超える大太刀であったことが分かります。
欠点が見当たりません。昭和二十八年の光遜鞘書きには、『直江志津兼信』と個銘まで極めています。兼信は南北朝中期応安頃の鍛冶で、志津兼氏の子で兄兼次の弟子と云います。直江鍛冶を代表する名工です。 重要刀剣の水準は遥かに超越した一振り、必ずやご満足頂けるものと自負しております。














【売約済】 商品番号:V-1520 刀 無銘(美濃國直江志津) 第四十九回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ