刀 無銘(山城國来國次)
(やましろのくにらいくにつぐ)


Katana:Mumei(RaiKunitsugu)



古刀・山城 鎌倉末期 最上作
特別保存刀剣鑑定書・探山先生鞘書き付き




刃長:69.0(二尺二寸七分強) 反り:1.7 元幅:3.05
先幅:1.97 元重ね:0.77 先重ね:0.53 穴4




 鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先、表裏・刀樋を茎先まで掻き通す。 鍛え、杢目交じり板目肌に所々大肌交じり良く詰み地沸え付き沸映り淡く立ち地鉄良好。 刃文、中直刃基調ほつれ小丁子小乱れ小互の目小沸え付き葉入り砂流し金筋掛かり匂い深く付く。 帽子、のたれ掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先浅い栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 最上研磨済み。 白鞘入り。



【コメント】
 正宗十哲に名を連ね『鎌倉来』と呼ばれた来國次、古刀最上作、最上研磨済みの優品です。
國次は生没年不明ながら、國俊の娘婿とも来國光の従兄弟とも伝え、國光と共に切磋琢磨して同派の繁栄を担った刀匠です。年紀作によると、活躍期は鎌倉末期から、南北朝初期頃までとされています。作風は國光よりもさらに地刃の沸えが強く付き、中には乱れ主調の出来映えを見せ、これまでの来一門には見られなかった、相州伝の影響を強く受けた作を残しています。短刀、小脇差しのみ多く見られ、太刀は非常に少なく、在銘品は重要文化財に二口、特別重要、重要刀剣を含めても六口のみです。
本作は鎌倉末葉の力強い重ねのしっかりとした頑丈な造り込みで、樋が掻き通してありますが、刀がズッシリとしており、想像以上に重みがあります。刃文は直刃調ながら、刃中小互の目、小丁子乱れて、足、葉入り、匂い深く、砂流し金筋烈しく掛かり、匂い口明るく冴えています。鍛えに通常の来物に見られるようなやや弱い肌合いは見られず、肌立つように板目肌、流れ肌が強く現れ、沈み勝ちに細かな地景入り、地沸も厚く付いています。地刃にこれだけ沸が強く現れるのは、来物にあって國次のみで、正宗を始めとし、当時最盛期を迎えていた相州鍛冶の影響が色濃く出ています。同工が『鎌倉来』と呼ばれる由縁がここにあり、言わば本工を以て、山城相州伝の完成形と言えるでしょう。
無銘であっても國次の長い物は特に貴重、今後のことも見据えて最上研磨を施したばかり、地刃が冴え冴えしています。末永く楽しんで頂ける鎌倉期の山城太刀、最上作来國次の優品です。












【売約済】 商品番号:V-1528 刀 無銘(山城國来國次) 特別保存刀剣鑑定書

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ