重要刀剣
備前國福岡一文字・備前國長船長光・大慶直胤・固山宗次・越中守正俊・末左・来國次 来國長・三池光世・越前康継(二代)・備後國古三原・河内守永国 他
特別保存・保存刀剣など
津田越前守助廣・肥前國忠吉(初代)・水心子正秀・手柄山正繁・山城國長谷部・大慶直胤・備前國古一文字・古伯耆貞綱・了久信・長船孫右衛門尉清光・固山宗次・月山貞勝・同田貫次兵衛・泰龍斎宗寛・金剛兵衛盛重・下原康重・近江守久道・水府住勝村徳勝・池田一秀・月山貞一・備州長船祐光・千手院・直江志津 他多数
現代刀
吉原荘二國家・河野貞光・河野國光・源盛吉・金剛兵衛盛高・濃州関二十五代兼房 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


刀 銘:和泉守兼定(会津十一代)
(いずみのかみかねさだ)
應廣瀬頼穀需


Katana:IzuminokamiKanesada



新々刀・陸奥(山城) 江戸末期
時代生ぶ薩摩拵え付き
内外共に特別保存刀剣・刀装具鑑定書付き




刃長:78.3(二尺五寸九分弱) 反り:1.4 元幅:3.21
先幅:2.02 元重ね:0.81 先重ね:0.58 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬低目庵棟高目、猪首切っ先。 鍛え、板目交じり柾目肌良く詰み地沸え付き地鉄精良。 刃文、中直刃ほつれ・小乱れ小沸え付き喰い違い刃・二重刃風入り匂い付く。 帽子、小乱れ掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上り栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。
幕末期薩摩拵え(全長・113、柄・29.5黒糸巻き 縁・頭・鐺、鉄地金色絵雲に据え紋象嵌丸に陰の片喰紋図 吊金物、銀地丸に陰の片喰紋入り 目貫、赤銅地金色絵毛抜きに丸に陰の片喰紋図 鐔、鉄地変わり菊花形双鶴図 鞘、焦げ茶に青貝微塵散し雲文塗り 下げ緒、青・卯の花)付き。



【コメント】
 和泉守兼定(会津十一代)の大変希少な洛陽(京)打ちの長尺刀、在京時、共に御所の護衛に当たっていた際に知り合った井伊家彦根藩士、廣瀬頼穀の求めに応じて作刀、廣瀬家家紋入りで完品状態の生ぶ薩摩拵え付属、兼定の動向、幕末史が手に取るように分かり、内外特別保存鑑定書付きの途轍もなく貴重な名品です。
兼定は天保八年、会津城下(現在の会津若松市浄光町)に十代兼定の子として生まれました。十四歳の頃より父に付いて鍛刀を学びました。初め兼元と銘し、嘉永五年から会津藩に仕え、同七年、十七歳の頃からは、父である十代の代作代銘も行っています。文久三年四月、兼定は前年に京都守護職に就任し、新撰組を配下にするなどして、尊皇攘夷派志士の取り締まりを強力に推進した藩主松平容保の命により上洛、京都御所の警護に当たりました。同年十二月に念願であった和泉守受領、兼定へ改銘、名工『之定』の名を受け継ぎました。元治二年二月に会津へ帰郷するまでの間に作刀されたものを『洛陽(京)打ち』と呼びます。『洛陽打ち』が特に珍重されるのは、その在京期間である文久三年十二月から元治二年二月までの間が、実質一年二ヶ月しかないためです。その後戊辰戦争の一局面である会津戦争で、会津藩は旧幕府勢力として参戦、王政復古を経て明治政府を樹立した薩摩藩、長州藩、土佐藩らを中核とした新政府軍と戦いましたが、敢えなく会津藩は開城降伏、兼定も猪苗代に謹慎の身となります。明治二年、藩命により越後の加茂町へ移住、同年九月から同七年九月までの五年間、その地で作刀しました。これを『加茂打ち』と言います。明治三十六年、六十七歳没。作風は小杢目良く詰むもの、無地風、大板目の肌物、柾目鍛え、刃文も直刃、湾れ、互の目と多岐に渡ります。
本作には年紀はありませんが、『和泉守』を冠していること、『兼』の字体から希少な『洛陽打ち』であることが分かります。同じ和泉守兼定銘でも会津へ帰郷してからは、『兼』の字体が変化しますので一目瞭然です。同工二十八歳の頃の作で、二尺五寸九分弱、伸びやかで気持ちの良い大和伝直刃で、刃縁明るく締まって、破綻なく丁寧に焼いています。鎬幅広く、鎬の高い造り込み、地は良く詰んでおり、細かな柾肌が流れています。すこぶる状態良く、完璧な健全さが保たれています。
注文主の廣瀬頼穀は、井伊家に仕えた彦根藩士で、当時京都御所にて内舎人(うちとねり、うどねり)の官職に就いていた人物です。内舎人とは当時の律令制に於いて、中務(なかつかさ)省に属する官職で、武装して宮中に宿直し、天皇の雑役や警衛に当たる役職です。前述したように兼定も正にこの頃、御所の警護に就いていましたので、両名はここで出会い、兼定が会津へ帰る前に一振り鍛えたという話になるかと思います。
拵えがまた大変貴重な生ぶオリジナルの薩摩拵えで、青貝微塵散らし雲文塗りの鞘、金具各所に廣瀬家の定紋である、丸に片喰紋がピシッと入っています。傷みなく渋くて格好良い逸品、勿論特別保存鑑定書が付いています。内外これだけ完璧に揃った作があるのでしょうか、会津十一代兼定の京打ちの注文打ち、兼定の動向、幕末史等々全てが詰まっています。内外特別保存鑑定書付き、絶対に逃してはならない名品です。























商品番号:V-1536 刀 銘:和泉守兼定(会津十一代) 内外共に特別保存鑑定書付き

価格: ¥3,300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年4月号
(3/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ