脇差し 和泉守藤原国貞
(いずみのかみふじわらくにさだ)


Wakizashi:IzuminokamiFujiwaraKunisada



新刀・摂津 江戸初期 大業物
甲種特別貴重刀剣認定書並びに藤代松雄鑑定書付き
探山先生鞘書き有り

『鑑刀日々抄』所載品




刃長:40.6(一尺三寸四分弱) 反り:0.8 元幅:3.27 元重ね:0.72 穴2(内1埋)



 平造り、庵棟尋常。 表は腰樋、裏は護摩箸をハバキ下で掻き流す。 鍛え、細かな地景が繁く入る板目肌は、ざんぐりとした肌合いを呈し、刃寄り、棟寄りに柾流れを交え、地沸微塵に厚く付き地鉄精良。 刃文、直湾れ調の大坂焼出しから、大きく湾れて刃が深くなり、刃中は烈しく沸付いて、喰い違い、沸裂け、島状の刃交じり、砂流し、金筋盛んに掛かる。 帽子、直調で烈しく沸付いて先掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
脇差拵え(全長70センチ 鞘、黒呂鞘 柄、鮫巻き金茶柄巻き 縁、四分一石目地鋤出し毛彫据紋色絵、海辺に松の図 頭、角 目貫、金無垢波に海鳥の図 鍔、四分一石目地木瓜形、金据え紋象嵌、桐紋、桔梗、菖蒲、菊 下げ緒、金茶に緑縁)付き。



【コメント】
 親国こと初代和泉守国貞の傑作平脇差し、覇気溢れる地刃の出来、寛永七、八年頃、同工壮年期に於ける傑出の一振り、『鑑刀日々抄』、『刀剣美術』所載品です。
初代和泉守国貞は、二代国貞である井上真改の親であることから『親国貞』と呼称されます。天正十八年、日向国に生まれ、後に上洛して同郷の堀川国廣門下に入りましたが、初期の作風、銘振りからしても、同門兄弟子に当たる、越後守国儔から直接的指導を受けたと考えられています。慶長十九年、国廣が没すると、同門の初代河内守國助と共に大坂へ移住し、作刀を続けました。元和九年、『和泉守』を受領、晩年には入道して『道和』と称したとも伝え、慶安五年、六十三歳で没。受領前の初期は『摂州住藤原国貞』と銘じ、受領後は、『和泉守藤原国貞』が多く、年紀作はほとんど見られません。活躍期は元和五、六年頃から寛永末までで、体調を崩して隠居した正保以降から、没する慶安五年まで、約八年の間に残された親国銘の作に付いては、初代門人の下総守国義、山上播磨守国隆、子真改などの代作代銘になります。
本作には年紀はありませんが、探山先生鞘書きにもあるようにその銘振りから、寛永七、八年頃、同工四十代初めの頃の作であることが分かります。身幅、重ねのしっかりとした平身の雄壮な脇差しは、江戸初期に見られる典型的なスタイルで、いわゆる格好良い脇差しです。地沸が厚く付いて、細かな地景が繁く入る板目肌は、いわゆるざんぐりとした肌合いを呈し、刃寄り、棟寄りに柾流れを交え、一見して堀川物であることが分かります。直湾れ調の大坂焼出しに始まる焼き刃は、その上から大きく湾れて刃が深くなり、刃中烈しく沸付いて、 喰い違い、沸裂け、島状の刃が交じり、砂流し、金筋盛んに掛かる素晴らしい出来で、同工最良の時期であることが、この覇気溢れる地刃からも窺えます。
現状は昭和五十四年、本部審査に於ける甲種特別貴重刀剣認定書、昭和五十九年、藤代松雄先生の鑑定書が付属していますが、特別保存までは100%保証出来るかと思います。親国前期の典型作優品として、本間薫山先生の『鑑刀日々抄』、刀剣美術(昭和五十七年八月号)にも掲載されています。 
外装も上質な朧銀金具、目貫は金無垢を使用し、武家差しらしく、品良くまとめられており、ハバキも金着せ二重でピシッと決まっています。 
『大阪新刀の祖』と呼ばれる、親国壮年期の傑作平脇差し、強くお薦め致します。
















【売約済】商品番号:V-1562 脇差し 和泉守藤原国貞 拵え付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ