重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 太阿月山源貞一彫同作(花押)
和州三輪山狭井河之上

(たいあがっさんみなもとのさだいち
ほりどうさくかおうわしゅう
みわやまさいがわのうえ)
昭和五十八年二月吉祥日


Wakizashi:Gassan Sadakazu



現代・奈良 人間国宝
保存刀剣鑑定書付き




刃長:54.7(一尺八寸強) 反り:1.0 元幅:3.92 元重ね:0.77 穴1



 平造り、三ッ棟低い。 表に珠追い昇り龍、裏に『天行地潜』の文字彫り。 鍛え、総体的に沈み勝ちで良く詰んだ小板目肌に、細かな地沸、地景が厚く付いて地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体にした焼き刃は、匂い口明るく冴え、刃縁、刃中に砂流しが繁く掛かり、所々黒光りする金筋がうねるように走る。  帽子、湾れ込んで掃き掛け長く返る。茎生ぶ、先栗尻、鑢目化粧筋違い。 時代研磨(細かなヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 人間国宝月山貞一作、正に豪壮無比、会心の相伝大平脇差し、見事な珠追い昇り龍の自身彫り、同工円熟期に於ける匠の技が全て詰まった最高傑作です。 
貞一は月山昇と言い、貞勝の三男として、明治四十年、大阪市東区(現中央区)鎗屋町(やりやまち)に生まれました。大正七年に祖父初代貞一が没すると、僅か十一歳で父貞勝に付いて、家伝の綾杉伝並びに五ヶ伝を学び始めたと云います。一年先輩の兄弟子には、後の人間国宝高橋貞次がいました。大正十二年、十六歳の時に、大阪美術協会展に初出品し、入選を果たし、最初期は、『月山貞光』と銘じています。昭和十年、大阪鎗屋町にあった鍛錬道場を、奈良県吉野山に移し、昭和十八年には、吉野山から奈良県橿原(かしはら)市に移しました。また同年に父貞勝が没しています。この頃も基本的には『貞光』銘ですが、父が没した前後の作に、『貞輝』銘のものが数振り残されています。昭和三十一年、『貴照』へ改銘、昭和四十年には、奈良県桜井市茅原(ちはら)にある、三輪山の麓、狭井(さい)川の畔に、『月山貞一鍛錬道場』を開設、昭和四十一年に『二代貞一』を襲名、昭和四十二年に『無鑑査』認定、同年から二年連続で『正宗賞』受賞、昭和四十五年に『奈良県無形文化財保持者認定』、昭和四十六年、『人間国宝』に認定されました。門下には三男の貞利(無鑑査)、広島の三上貞直(無鑑査)、福岡の河野貞光、岐阜の二十五代兼房(貞房)を始め、その他多数の門人がいます。平成七年、八十七歳で没。前述したように、作風は綾杉伝並びに五ヶ伝を巧みにこなしますが、得意としたのは相州伝、彫り物も得意で、兄弟子高橋貞次と並ぶ名手として名高く、倶利伽羅、梅樹、不動、梅樹龍、昇り龍など、どの意匠でも深く掘り下げるのが、同工並びに同派の特徴です。
本作は昭和五十八年、同工七十六歳頃の傑作大平脇差しです。寸法一尺八寸強、身幅3.92㎝、三ッ棟のガシンとした豪壮な造り込みは、室町後期の綱広や広正など、末相州鍛冶に多く見られた造り込みで、相州伝を得意とした同工が、そのあたりに範を取って作ったものと考えられますが、本歌にここまでの作はなく、実際は二回りくらい小振りです。ただ同工は、より迫力が伝わるように、大振りに表現したものと考えられ、寸法と言い、身幅と言い、平脇差しとしては、最も力感の溢れた格好良いスタイルです。互の目乱れを主体にした焼き刃は、匂い口明るく冴え、刃縁、刃中に砂流しが繁く掛かり、所々黒光りする金筋がうねるように走っています。総体的に沈み勝ちで、良く詰んだ小板目肌に、細かな地沸、地景が厚く付いて、静的な地鉄と動的な刃文が、見事な対比で表現されています。 表には珠掴み昇り龍、裏には『天行地潜』の文字彫りがありますが、特に龍は輪郭を深く掘り下げてから浮き彫りにする、いわゆる肉合い(ししあい)彫りで表現しており、同工の場合、この掘り出しが特に深いため、龍が地面下から這い上がってくるかのような迫力があり、龍の胴体に高低や丸みを持たせることでより立体感を強調するなど、彫りの細部に渡って、同工の類い希なる彫技が存分に示されています。裏に『天行地潜(てんこうちせん)』の陰刻がありますが、これは、『天を行くか、地に潜るか』の意で、『天行』は『天翔(あまかける)』とも書きます。表に昇り龍がありますので、その様態を表した言葉かと思われますが、『天行地潜』には、余りにもかけ離れた対比表現であることから転じて、『滅多にない物』、『珍しい物』を指す意も含まれています。
同工が用いる『太阿』の号は、江戸初期の禅僧、沢庵宗彭(たくあんそうほう)が記した『太阿記』並びに、作中に登場する『太阿の剣』から取ったものです。  『太阿記』は仏法、禅の視点から説いた兵法書で、その中で『太阿の剣』は、何物をも斬り断つ剣の比喩として使用されていますが、殺人剣ではなく、あくまで活人剣、斬り殺すのではなく、人の疲弊した心を癒やし、捕らわれた心を解放、自由な心に導く剣であると説いています。同工もおそらく『太阿』の号に、同様の思いを込めたと思われます。
『和州三輪山狭井河之上』とあるのは、前述したように、自らが開設した鍛錬道場を指しています。狭井川は、道場から目と鼻の先にある、狭井神社近くを流れており、三輪山から流れ出ている小川です。三輪山の山懐に抱かれ、四季折々の自然に囲まれたこの鍛錬道場は、貞一が最も愛した場所で、緊張した仕事の後には、大和古道、山の辺の道を散策して、その疲れを癒やしていたと、子の貞利が語っています。貞一は、この地で刀匠人生を全うしました。
正に豪壮無比の大平脇差し、同工の真骨頂とも言える相州伝、自身彫り、同工円熟期に於ける匠の技が全て詰まった逸品です。本作は、前年にアメリカのボストン美術館にて『人間国宝展』を成功させ、名実共に現代刀匠の最高峰として、円熟の最良期を迎えていた同工の傑作中の傑作、もうこれを逃したら次はありません。














商品番号:V-1593 脇差し 太阿月山源貞一彫同作(花押) 人間国宝 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥2,800,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年8月号
(7/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ