重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


剣 天田昭次収貞合作
(あまたあきつぐかねさだがっさく)
平成三年八月日


Ken:Amada Akitsugu Kanesada Gassaku



現代・新潟 人間国宝 自筆箱書き有り



刃長:23.4(七寸七分強) 反り:なし 元幅:2.07 元重ね:0.67 穴1



 両鎬造り、鎬高い。 鍛え、小板目肌が極めて良く詰んだ美しい地鉄は、細やかな流れ肌を交え、細美な地沸が微塵に厚く付き地鉄精良。 刃文、締まった美しい直刃は、刃縁に葉、小足を配し、刃中匂い深い。 帽子、直刃調で焼き詰める。 茎生ぶ、先浅い剣形、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ僅かに有り)。 白鞘入り。 木箱付き。



【コメント】
 人間国宝天田昭次、実弟天田収貞による合作の守護剣、鎌倉期古剣の名作で、国宝としても名高い、『粟田口藤四郎吉光』を写した意欲作、両名による箱書きなど完璧に揃った、究極のお守り剣です。
天田昭次は昭和二年、新潟県北蒲原郡本多村(現新発田市本田)生まれ、九歳の時に、父天田貞吉と死別、昭和十五年には上京し、日本刀鍛錬伝習所で栗原彦三郎の門人となります。この時兄弟子には宮入昭平(行平)がいました。昭和三十年代に入ると頭角を現し、新作刀展では、毎年優秀賞を受賞しましたが、これからという三十三歳の頃大病を患い、復活まで八年掛かりました。鍛刀を再開するに当たって、新発田市月岡の温泉街の外れに、自宅兼鍛刀場、『豊月山(ほうげつさん)鍛刀場』を構えました。不撓不屈の精神で復活した昭次は、ここから快進撃が始まります。昭和四十七年には無鑑査、昭和五十二年、六十年、平成八年に、刀剣界の最高賞である『正宗賞』を三度受賞、同賞三度受賞は、隅谷正峯、大隅俊平に次いで三例目ですが、山城伝、相州伝、備前伝と、全て異なる作風で受賞したのは昭次のみです。平成九年には人間国宝となり、平成二十五年、八十五歳にて没。
収貞(かねさだ)は天田貞夫と言い、昭和八年生まれ、昭次の六歳下の実弟に当たります。前述した豊月山鍛刀場で兄と共に鍛刀しました。兄の協力者としての役割が多いため、自身作は僅少です。近年は高齢により鍛刀は行っておらず、昭次が没後は、鍛刀場から程近い、『天田昭次記念館』にて、鍛刀談義が聞けることもあるそうです。兄昭次の輝かしい栄光は、収貞の尽力があってこそ、成り立ったものです。
本作は平成三年、昭次六十四歳、収貞五十八歳の頃の作、大変貴重な兄弟合作の古剣写しです。剣の作例は平安期より見られますが、勿論実戦用ではなく、武士よりも僧侶に好まれため、御神体、仏像の持ち物、仏教的な魔除けの器としての意味合いが強く、政(まつりごと)のための特注品です。
本作は鎌倉期の古剣の中でも、名作中の名作として名高い、『粟田口藤四郎吉光』写しで、寸法、造り込み、出来、樋の位置まで、完璧に再現しています。昭次にとっては、『正宗賞』初受賞作が、山城伝直刃であったことからしても、剣を写すのであれば、国宝吉光に挑むことは必然であったと思われます。小板目肌が極めて良く詰んだ美しい地鉄は、細やかな流れ肌を交え、細美な地沸が微塵に厚く付き、張り詰めた糸のように美しい直刃は、刃縁に葉、小足を配し、刃中匂い深く見事です。これ程までに冴え渡る地刃は、同工が独自製法の自家製鉄を使用したことによる賜物と言えます。古名刀の再現のためには、その時代の鉄を作り出すしかないという結論に至った昭次は、以後全て自家製鉄素材にこだわった鍛刀を行ってきました。永年に渡る素材研究の結果辿り着いたのは、奥出雲産の最高級真砂(まさ)砂鉄を、低温製錬した素材を使用することでした。これを使用して、納得出来る鋼材が得られるようになったのが、昭和五十年代に入った頃と云い、三度の『正宗賞』受賞がこれ以降であることは、正にそれを裏付けています。
天田兄弟は、戦後の厳しい時代を乗り越え、互いに切磋琢磨し、兄は鉄の研究に没頭、ただひたすらに古名刀を追求し、弟はその協力者として、時に大病を患った兄の支えとなってきました。本作はそんな名工二人による渾身の合作剣、 桐箱表に『守護剣』、裏には『豊月山鍛刀場』と両名の連名に朱印があります。完璧に整った箱書きが付属して、これ以上のお守り剣はありません。もう二度と叶わない天田兄弟合作による、『粟田口藤四郎吉光写し』の最高傑作、次はないと思います。














商品番号:V-1597 剣 天田昭次収貞合作 人間国宝 自筆箱書き有り

価格: ¥2,300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年8月号
(7/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ