重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 相模国住人廣光(生ぶ無銘)
(さがみのくにじゅうにんひろみつ)


Wakizashi:SagaminokunijuninHiromitsu



古刀・相模 南北朝中期 最上作
第十九回重要刀剣指定品
寒山先生鞘書き有り




刃長:41.6(一尺三寸七寸強) 反り:0.7 元幅:3.12 元重ね:0.55 穴3



 平造り、三ッ棟高め。 表裏棒樋に添え樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌を主体に、所々大模様に肌立ってうねり、地沸良く付き、細かな地景を交えて地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に小湾れ交じり、所々乱れの出入り激しく、刃縁も良く沸付いて明るく、金筋、砂流し掛かり、地に多数の飛び焼き、湯走りが見られ皆焼き刃となる。 帽子、乱れ込んで小丸に長く返り棟を焼く。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 最上研磨済み。



【コメント】
 相模国住人廣光(生ぶ無銘)の重要刀剣平脇差し、皆焼きの烈しい地刃、沸の輝き、姿、出来など、全てに於いて王者の風格漂う名品、これが南北朝期に於ける相州鍛冶の最高峰です。
 廣光は九郎二郎と称し、正宗、貞宗に次いで登場した、新藤五国光以来続く、相州鍛冶の本流で、それまでの相州鍛冶には見られなかった、斬新な『皆焼刃』を創始したことは、大きな功績の一つであり、秋廣と共に南北朝期の相州鍛冶を牽引した名工です。一説によると、正宗門人でその子とも云われています。同工には在銘確実な太刀の現存作がなく、ほとんどが大振りな寸延び短刀や小脇差しに限られています。短刀、小脇差しに重要文化財二口、重要美術品九口、無銘刀の重要美術品二口を数え、かの有名な名物『大倶利伽羅廣光(無銘)』、『火車(かしゃ)斬り廣光』などは、重美の一口です。年紀作で見ると、康永(一三四二~四五年)、正平(一三四六~七〇年)、観応(一三五〇~五二年)、文和(一三五二~五六年)、延文(一三五六~六一年)、康安(一三六一~六二年)、貞治(一三六二年~六八年)、応安(一三六八~七五年)年紀の作が残されています。これにより、その活躍期が、正に南北朝中期であることが分かります。造り込み、寸法の観点から言うと、秋廣の短刀、脇差しは、八寸五分から一尺二寸までの寸法がほとんどであるのに対し、廣光は一尺から一尺四寸までと、一回り大柄です。この寸法の差異は、南北朝中期から後期に掛けての刀姿の変遷であり、同じ南北朝期の鍛冶であっても、廣光の方が先輩格であることを示しています。実際、秋廣の作には、永和(一三七五~七九年)、康暦(一三七九~八一年)、永徳(一三八一~八四年)までの年紀作が現存しています。 
 本作は生ぶ無銘、三ッ棟がやや高めで、身幅広く、寸法一尺三寸七寸強、やや先反りの付いた、南北朝中期に於ける王道の平脇差しの姿を示しています。  廣光としてもこれ位の寸法が最も好まれ、最も見栄えがする、格好良い平脇差しです。板目肌を主体にした相州鍛えは、所々大模様に肌立ってうねり、地沸良く付き、細かな地景を交えており、互の目乱れを主体にした焼き刃は、小湾れ交じり、所々乱れの出入り激しく、一部沸崩れて、刃縁も良く沸付いて明るく、金筋、砂流し掛かり、地に多数の飛び焼き、湯走りが見られ、これら全てが渾然一体となって、皆焼きの状態を形成しています。この絶妙な皆焼き加減は、廣光のみが成し得る技、地刃から品格、風格というものが滲み出ています。また本作は、本歌に比べ一寸程長く、彫りも異なりますが、刃の出来、雰囲気などは、前述した『火車斬り廣光』に良く似ています。『火車斬り廣光』は、上杉家伝来品で、『上杉家御手選三十五腰』の一振りでもある、名刀中の名刀、『火車』とは、古来より日本に伝わる、説話や故事などに登場する妖怪の名前と云われています。
 本作は無銘ながら、姿、地刃など全てに於いて廣光の特徴が顕現されており、図譜にも、『地刃が健全で出来が良い』と明記されています。
 在銘無銘問わず、廣光の作には中々お目に掛かることがありません。加えて皆焼刃の典型作、且つ状態が良い物に限定するとなれば、これはもはや千載一遇の好機、最上研磨の施された地刃は、冴え冴えとしています。 
 相模国住人廣光の典型作優品、これが南北朝期に於ける相州鍛冶の最高峰、不朽の名品です。




















【売約済】 商品番号:V-1598 脇差し 相模国住人廣光(生ぶ無銘) 第十九回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年10月号
(9/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ