重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


刀 九州肥後同田貫上野介
(きゅうしゅうひごどうたぬきこうずけのすけ)


Katana:KyusyuhigoDotanukiKozukenosuke



古刀・肥後 安土桃山期
保存刀剣鑑定書
探山先生鞘書き付き




刃長:70.2(二尺三寸二分弱) 反り:1.9 元幅:3.37
先幅:2.83 元重ね:0.73 先重ね:0.55 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、大切っ先。 鍛え、総体的に良く詰んだ杢目肌に、細かに肌立つ流れ肌が交じる鍛えは、鎬筋から刃方に向かって広範囲に白け映りが立ち、地沸え付き地鉄良好。 刃文、直湾れ調の刃取りで、刃中小乱れ、小互の目、小足、葉が間断なく入って、細やかな金筋、砂流しが掛かり、地には飛び焼き、棟も僅かに焼く。 帽子、小乱れ調で僅かに返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 九州肥後同田貫上野介(正国)の豪壮無比な一振り、間違いなく同工並びに同派の代表作となる名品、最強の実戦刀です。
同田貫一派は、肥後熊本の戦国武将、加藤清正の抱え工として、古刀最末期から新刀初期に掛けて、一躍その名を天下に轟かせた鍛冶集団で、肥後延寿派の末裔に当たります。『文禄・慶長の役』と呼ばれる朝鮮出兵の際、清正に従って朝鮮に赴き、その地で盛んに鍛刀し、凄まじい斬れ味を示したことで、最強の実戦刀としての地位を不動のものとし、今なおその人気は衰えを知りません。
そんな同派にあって、棟梁として門下を率いたのが上野介(正国)、小山上野介信賀と言い、左馬介とも称し、初期は国勝と名乗っており、後に加藤清正より『正』の字を賜り、正国と改めました。『九州肥後同田貫上野介』、『九州肥後同田貫正国』などと銘じ、大半は上野介銘になります。活躍期は天正から慶長後期頃まで、慶長十八年に没したと云います。清正は上野介の刀に、絶大なる信頼を置いており、その頑強な造り込み、凄まじい斬れ味から、『折れず曲がらず同田貫』、『兜割り正国』などの賛辞を送っています。
本作は切っ先グーンと力強く張って、元幅3.37㎝、先も2.83㎝、正に豪快な慶長新刀スタイルで、元先身幅の差がほとんどないため、一見寸法が短く思われるかもしれませんが、安心して下さい、しっかりと二尺三寸二分弱あります。総体的に良く詰んだ杢目肌に、細かに肌立つ流れ肌が交じる鍛えは、鎬筋から刃方に向かって、広範囲に白け映りが立って、常よりも穏やかで整った肌合いを示しており、直湾れ調の刃取りで、刃中小乱れ、小互の目、小足、葉が間断なく入って、細やかな金筋、砂流しが掛かり、地には飛び焼き、棟も僅かに焼いています。地刃の出来が秀逸な上に、このド迫力の造り込み、正に理想的な同田貫刀、加えて上野介銘が入っています。もう言うことなし、これで決まりです。


















【売約済】商品番号:V-1627 刀 九州肥後同田貫上野介 保存刀剣鑑定書 探山先生鞘書き付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ