刀 大和守安定

(やまとのかみやすさだ)
(金象嵌)四胴 山野加右衛門六十四歳截断永久(花押)
于時寛文元年霜月朔日(一六六一年十一月一日)


Katana:YamatonokamiYasusada



新刀・武蔵 江戸前期 良業物
特別貴重刀剣認定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:69.9(二尺三寸一分弱) 反り:1.4 元幅:3.33
先幅:2.03 元重ね:0.68 先重ね:0.44 穴1




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先やや詰まる。 鍛え、総体的に良く詰んだ小板目肌が、地沸を微塵に厚く付け、地景が細かに良く入り、上品に肌立ち、地鉄精良。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、刃縁の沸匂いが深々として、柔らかで繊細な金筋掛かり、匂い口が潤むように明るく、良く冴える。 帽子、直調で大丸風となり、先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上り栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 最上研磨済み。 白鞘入り。



【コメント】
 大和守安定、『四胴』の金象嵌截断銘入り、同工中最強の斬れ味を誇る一振り、これまで何処にも出てない、大変生ぶい逸品で、間違いなく同工の代表作となる名品です。
安定は元和四年(一六一八年)、越前の生まれで、名を冨田(飛田とも)宗兵衛と言います。古くは、越前下坂系の鍛冶であるとも伝えられてきましたが、近年の研究では、紀州石堂系の出身であることが分かってきました。江戸中期の刀剣研究家、鎌田魚妙(かまたなたえ)著、『新刀弁疑』に因ると、『大和守安定と切る者、武州江戸住人なりて、紀州にも住す、冨田性を名乗る、石堂一家なり』との記述があり、紀州石堂の代表鍛冶である、土佐将監為康、備中守康廣なども、冨田姓を用いていることからして、この説の信憑性は高いと言えます。
 慶安元年頃(一六四八年)に江戸に出てからは、和泉守兼重に学んだとする説も有力ですが、同工の作風、茎仕立て、山野家の截断銘などの共通性を考慮すれば、概ね納得出来るところでしょう。
 同工作に年紀は少ないですが、慶安から延宝頃までの作が現存しており、中でも四十代を迎える、万治、寛文頃を最盛期とし、覇気みなぎる名作を多く残しています。
 作風は、湾れに互の目を交えて、湾れが角張るような出来が多く、次いで互の目を主体とした乱れ刃、稀に直刃基調の作も見られます。
 安定と言えば、虎徹同様に、その凄まじい斬れ味で一般的に良く知られており、 特に山野加右衛門永久、勘十郎久秀親子の金象嵌截断銘の入った作は、珍重されます。
 本作は寛文元年、同工最良期と言える四十四歳の頃の作、寸法二尺三寸一分弱、身幅カチッとして、反り浅め、切っ先の詰まった典型的な寛文新刀姿を示した優品です。
 総体的に良く詰んだ小板目肌が、地沸を微塵に厚く付け、地景が細かに良く入り、上品な肌立ちを見せる美しい鍛え、直湾れ調の焼き刃は、刃縁の沸匂いが深々として、柔らかで繊細な金筋掛かり、匂い口が潤むように明るく強い光を放っています。通常の湾れ、互の目を主体とした焼き刃ではなく、穏やかな刃調ではありますが、地刃がこの上なく冴え渡っており、同工中出色の出来映えと言えます。
 特筆すべきは、『四胴 山野加右衛門六十四歳截断永久(花押) 于時寛文元年霜月朔日』の金象嵌截断銘、ちなみに『于時=ときに』と読みます。同工の重要刀剣指定品で、日付のみ『八月七日』と異なりますが、全く同じ銘振りの作があります。『四胴』は、同工中最高で最強の斬れ味を示す数字です。
山野加右衛門永久は、江戸初期から前期に掛けて活躍した試し斬り名人、慶長三年生まれ、仙台出身であると云われており、安定の作で、『仙台住人山野加右衛門永久』と銘切られた作も残されています。永久の試し銘は、寛永頃を始めとして、慶安、承応、明暦、万治と続き、最後は寛文六年まで残されており、翌年に七十歳で没しています。これ以降延宝、天和、貞享頃までは、子の勘十郎久英が受け継いでいます。また本作の如く、実年齢を添えた銘振りは、大変希少です。
 『四胴』截断ともなってくると、通常は物理的に言って考えられないような数字ですが、安定の刀であればあり得るでしょう。もはやあの最上大業物虎徹を超えたと言っても過言ではない一振り、これ以上斬れる安定はありません、斬った永久自身も度肝を抜かれたことでしょう。
 福岡の登録証は昭和二十六年の大名登録、現状は昭和四十七年の古い認定書のみですが、勿論特別保存までは100%保証、何処にも出てない大変な生ぶ品で古研ぎでしたので、この度無鑑査研ぎ師による最上研磨を施し、今正に最高の状態、今後も色々と楽しみがありそうです。
 遂に出ました『四胴切り安定』、世の中には、こういった名品が、まだまだ眠っていると、改めて実感致しました。『是非もなし』とはこのこと、100%押さえて下さい。






















【売約済】商品番号:V-1658 刀 大和守安定 (金象嵌)四胴 山野加右衛門六十四歳截断永久(花押) 特別貴重刀剣認定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ