刀 和泉守藤原国貞
(いずみのかみふじわらくにさだ)


Katana:Izuminokami FujiwaraKunisada



新刀・摂津 江戸初期
大業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:81.4(二尺六寸九分弱) 反り:1.7 元幅:3.30
先幅:2.09 元重ね:0.78 先重ね:0.55 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ下で丸留める。 鍛え、総体的にやや沈み勝ちな小板目肌が良く詰み、細かな肌立ちを見せながら、地沸と地景をふんだんに交え、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした焼き刃は、尖り風の刃、頭の丸い刃、丁子風の刃を交えて、刃縁に美しい小沸が付き、刃中互の目足、柔らかく繊細な金筋、砂流しが掛かり、匂い口は明るく締まって、細かな飛び焼き交じる。 帽子、直調で先大丸風に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 最上研磨済み。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(現代作 全長113 鞘 黒の呂鞘 笄、赤銅魚子地据え紋象嵌色絵、貝尽くし図 下げ緒、卯の花に鉄紺桐紋散らし こじり、鉄石目地、毛彫、据え紋象嵌、雪花紋図 柄 親鮫に山吹色柄巻き 縁頭、赤銅地高彫象嵌金色絵、鯱の図 目貫、赤銅容彫色絵、旗印の図 鍔 鉄地菊花形京透かし鍔)付き。
 親国こと初代和泉守国貞による、二尺七寸に迫る傑作の長尺刀、無鑑査による最上研磨、水戸藩分家であった、宍戸藩九代藩主松平頼徳(よりのり)遺愛の一振りと伝わる、由緒正しき伝来品です。  



【コメント】
 和泉守国貞は、天正十八年、日向国に生まれ、後に上洛して同郷の堀川国廣門下に入りましたが、直接的には、同門兄弟子に当たる、越後守国儔に学んだと考えられています。慶長十九年、国廣が没すると、同門の初代河内守国助と共に大坂へ移住し、元和九年、『和泉守』を受領、晩年には入道して、道和と称したとも伝えています。『大坂新刀の祖』であり、井上真改の父であることから『親国貞』とも呼ばれます。慶安五年、六十三歳で没。銘振りは、受領前は、『摂州住藤原国貞』、受領後は、『和泉守藤原国貞』銘が多く、年紀作は僅少ですが、その銘振りによって大体の年代が分かります。年紀の上限は、『元和七年八月』、下限は、『寛永二十一年二月』となります。体調を崩して隠居した正保以降、慶安五年に没するまでの約八年間は、門人の下総守国義、山上播磨守国隆、子真改などの代作代銘になります。
 本作は寸法二尺六寸九分弱、身幅、重ねしっかりして、何とも雄壮で伸びやかな一振り、これまで同工の作では、長いと言っても、せいぜい二尺五寸まで、これ程長寸の親国を今まで見たことがありません。年紀はありませんが、『和』の字の最終画を右から左へ向けて切るのは、寛永九年以降であり、銘字全体のしっかりとした鏨運びからしても、寛永中頃、四十代半ばの作と鑑せられます。同工にとっては、壮年円熟期の最良期に当たります。
 総体的にやや沈み勝ちな小板目肌が良く詰み、細かな肌立ちを見せながら、地沸と地景をふんだんに交えた素晴らしい鍛え、互の目乱れを主体とした焼き刃は、尖り風の刃、頭の丸い刃、丁子風の刃を交えて、刃縁に美しい小沸が付き、 刃中互の目足、柔らかく繊細な金筋、砂流しが掛かり、匂い口は明るく締まって、細かな飛び焼きも見られます。これだけの長尺でありながら、地刃の鍛えは見事なものです。研ぎも差し込み風、無鑑査研ぎ師の最上研磨が掛かっており、地刃は冴え渡っています。丁子を主体とした互の目交じりの焼き刃、飛び焼き、均等な幅の大坂焼き出し、帽子の先が大丸風に返る点など、同工の手癖が随所に見られ、一見して親国と分かる典型的な出来映えを示しています。
 特筆すべきは、鞘書きにもあるように、本刀は、常陸国宍戸藩九代藩主、松平頼徳(よりのり)遺愛の一振りと伝わっていることです。宍戸藩は、現在の茨城県笠間市平町(たいらまち)に存在した藩で、水戸藩の分家として、尊皇攘夷改革派であった水戸藩主、徳川斉昭に同調する形で、藩政改革を行いました。頼徳も代々の水戸藩主の補佐役を務めています。その後、斉昭は井伊直弼との第十四代将軍継嗣問題で対立、息子の徳川慶喜(後の十五代将軍)を推しましたが、失脚して水戸に永蟄居となり、病死してしまいます。すると水戸藩内の佐幕保守派(諸生党)、尊皇攘夷改革派(天狗党)が烈しく対立、いわゆる『天狗党の乱』が勃発、頼徳は幕府の命により、乱の平定のため派遣されましたが失敗、幕府は頼徳が斉昭同様に、尊皇攘夷改革派であったことを理由に、天狗党に加担した逆賊と見なし、自刃に追い込むことで責任を取らせました。享年三十四歳。乱平定に向かう際、慶喜より拝領したのが本刀であり、明治十年、頼徳十三回忌の際に、義理の息子である松平頼克が、その経緯を本鞘に記しています。
 地刃この上なく冴え渡った、親国壮年期の傑作、自らのスタイルを確立した頃の、典型的な優品、加えて同工は大業物としても有名、これで斬り込まれたらたまったものではありません。外装の鞘は古いものではありませんが、菊花形の京透かし鐔、赤銅地高彫りの鯱に金色絵を施した大森風の縁頭、貝尽くしの赤銅小柄などを使用して、ピシッと作ってあります。
 悲劇的な最期を迎えた、常陸国宍戸藩主松平頼徳、その遺愛刀であり、その後同家に伝来した、余りにも貴重な歴史的遺品、大激動の幕末史に於いて、水戸藩、宍戸藩は、どのように明治期に辿り着いたのか、その一部始終を全て見てきた一振り、正に勤皇刀の如く長尺雄壮な親国刀、これは凄い一振りです。




















【売約済】商品番号:V-1664 刀 和泉守藤原国貞 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ