太刀 (太刀銘)和泉守兼定作
(いずみのかみかねさだつくる)


Tachi:IzuminokamiKanesada



古刀・美濃 室町後期
最上作 最上大業物
第三十二回重要刀剣指定品
探山先生鞘書き有り




刃長:71.4(二尺三寸六分弱) 反り:2.9 元幅:3.01
先幅:1.91 元重ね:0.75 先重ね:0.51 穴3(内2埋)




 鎬造り、鎬やや高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、地沸が微塵に厚く付いた小板目肌は、美しく良く整って、細かな地景が肌目に沿って現れ、元に近い付近は板目が波状に強く流れて、地鉄良好。 刃文、やや腰開き互の目乱れを主体とした焼き刃は、尖り風互の目、小互の目、頭の丸い互の目を交えて、刃縁に大粒の荒沸を付け、刃中葉、足入り、匂い口明るく締まり気味で良く冴える。 帽子、乱れ込んで先地蔵風に返る。 茎磨り上げ、先ほぼ切り、鑢鷹の羽。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 最上作にして最上大業物、之定こと和泉守兼定の重要刀剣、冴え渡る地刃、出来は、『これぞ之定』と言うべき同工の典型であり、且つ代表作と成り得る名品です。
 和泉守兼定は、孫六兼元と並ぶ美濃鍛冶筆頭で、共に最上作にして最上大業物、その名を知らぬ者はいません。『定』の字のウ冠の中を『之』と切ることから『ノサダ』の呼称があり、年紀作に見る作刀期間は、明応二年(一四九三年)から大永六年(一五二六年)までの三十三年間、天文(一五三二~五五年)初年頃に没したと云います。銘振りは最初『濃州関住兼定作(造)』と切り、明応十年(一五〇一年)頃までは、『定』の字を楷書で切ります。それ以降『之定』銘となり、永正七年(一五一〇年)頃に『和泉守』を受領、以降『和泉守(藤原)兼定作』と切ります。短刀の場合、『兼定』二字銘が圧倒的に多く見られます。茎鑢目は刀、脇差しは鷹の羽、短刀は檜垣、茎尻は栗尻ですが、後期晩年作になると、どの寸法でも鑢目は筋違い、茎尻は尖って入山、剣形風になります。
 作風は、頭の丸い互の目、互の目丁子刃が主体で、湾れ、矢筈刃、箱刃、尖り刃が交じり、匂い口柔らかく締まった作が多く、短刀には、来写しの直刃が多く見られます。鍛えは、良く練られた柾目交じりの板目肌が主体で、関鍛冶にあっては、之定が群を抜いて素晴らしいとの定評があります。彫り物は簡素な棒樋や護摩箸程度で、濃厚な意匠の彫りは皆無です。造り込みで長大な作は僅少であり、やや寸の詰まった打刀の作が大半を占めています。
 本作は磨り上げながら、寸法二尺三寸六分弱、反り高く、元先身幅の差が付いた、しなやかで美しいスタイルを示しています。探山先生鞘書きには、『陣太刀用の特別注文の作であろう。』、重要図譜にも『反り恰好、太刀銘であることからして、おそらくは特別の注文であり、太刀として製作されたものであろう。』とあります。一番下が生ぶ穴で、二寸五分程磨り上がっているため、元来二尺六寸程の太刀であったことが分かります。前述したように、同工に於いて、これだけ長寸の作は大変珍しく、余程の注文品であったことは、想像に難くありません。
 和泉守を冠した銘振り、鑢目等からして、永正の終わりから大永の初め頃の作と鑑せられます。同工に於いては、壮年の最良期であり、この時期に数々の名作を生み出しています。
地沸が微塵に厚く付いた小板目肌は、美しく良く整って、細かな地景が肌目に沿って現れ、元に近い付近は、板目が波状に強く流れています。やや腰開きの互の目乱れを主体とした焼き刃は、尖り風互の目、小互の目、頭の丸い互の目を交えて、刃縁に大粒の荒沸を付け、刃中葉、足入り、匂い口明るく締まり気味となり、帽子も地蔵風に結ぶなど、地刃の出来は、正に之定の典型を示しており、地刃の冴えも素晴らしいものがあります。
 最上大業物に列せられる同工の斬れ味にまつわるエピソードは数知れませんが、森長可(ながよし)が愛用したと伝わる十文字槍は有名です。織田信長に仕えた戦国武将、森武蔵守長可は、槍術に優れ、その抜きに出た武勇から、『鬼武蔵』とも称され、一般的には、森蘭丸の名で良く知られる、森成利(なりとし)の兄に当たる人物です。その長可の愛槍が、之定の十文字槍で、初陣の伊勢長島の一向一揆では、この槍で二十七もの首を取ったとも伝わっており、これに驚いた信長が、『人間無骨』と切り付けたと伝わります。今も現存するこの槍には、けら首部分に『人間無骨』と刻まれています。『人間無骨』とは、その凄まじい斬れ味を評した言葉で、『人間の骨など無いも同然』の意、十文字槍でさえ、この斬れ味、刀の場合、どれ程の斬れ味を誇るかは、考えただけでも身震いがします。
 重要図譜にも『地刃に之定の見所が良く示されており、出来優れ、茎の磨り上げも苦にならない。』とありますが、正にその通り、これ位しなやかで格好良い太刀造りの之定は見たことがありませんし、重要自体まず出て来ません。地刃の出来、冴え、品格、斬れ味など、全てに於いて、同工中の白眉と言える名作、これが室町期の美濃鍛冶最高峰、織田信長も惚れ込んだその斬れ味、家宝として受け継がれるべき不朽の名品です。






















【売約済】商品番号:V-1666 太刀 (太刀銘)和泉守兼定作 探山先生鞘書き有り 第三十二回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ