脇差し 肥前国忠吉
(ひぜんのくにただよし)


Wakizashi:HizennokuniTadayoshi



新刀・肥前 江戸初期
最上作 最上大業物
寒山先生鞘書き有り
拵え付き内外共に特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:53.9(一尺七寸八分) 反り:0.8 元幅:3.02
先重ね:2.21 元重ね:0.70 先重ね:0.46 穴3(内2埋)




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め。 鍛え、やや黒みを帯びた地鉄は、沈み勝ちに小板目の詰んだ上質な鍛えで、肌目に沿って細やかな地景を交え、総体的に上品に肌立つ小糠肌を呈し、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直湾れ調の刃取りで、刃中に小互の目、小丁字足、葉が繁く入る焼き刃は、刃縁に上質な沸を厚く付けて、匂い口柔らかで明るく冴える。 帽子、湾れ込んで先小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。
 肥後脇差拵え(江戸期 全長77.5センチ 鞘 黒漆藍鮫研ぎ出し鞘 柄 黒鮫着 鉄納戸色糸巻き 縁頭四分一研磨地、鋤下げ彫色絵、雪華歳寒三友図 下げ緒鉄色 小柄 四分一研磨地据紋象嵌色絵、無銘 市松文松皮菱図  目貫、素銅地毛彫金象嵌、猪図  鍔 銘小池民之助 鉄研磨地無文、打ち返し耳)付き。



【コメント】
 初代忠吉は橋本新左衛門と称し、元亀三年の生まれ、忠吉一門の旗頭として、慶長元年、二十五歳の頃に、肥前国佐賀藩主鍋島勝茂に、その鍛刀技術を認められ、京の埋忠明寿に弟子入りするよう命じられました。慶長三年、帰国後に佐賀城下へ移ると、慶長五年より、藩工として本格的な作刀が始まります。銘振りは大まかに三通り、慶長十九年頃までを、『肥前国忠吉』と切る、『五字忠吉銘』としますが、慶長十四年頃までは、同じ『五字忠吉銘』でも、小振りで字の詰まった銘振りとなり、僧秀岸の下書きにより切ったとされることから、『秀岸銘』と呼びます。慶長二十年頃より寛永元年八月までを『肥前国住人忠吉作』と切る、『住人忠吉銘』、それ以降は『武蔵大掾藤原忠廣』と切り、源姓から藤原姓へ改めています。寛永九年、六十一歳没。
本作は『五字忠吉銘』の脇差し、年紀はありませんが、その銘振りからして、慶長十七、八年頃の作と鑑せられます。同工四十一、二歳の頃に当たり、同工壮年期に於ける佳品です。やや黒みを帯びた地鉄は、沈み勝ちに小板目の詰んだ上質な鍛えで、肌目に沿って細やかな地景を交え、総体的に上品に肌立つ小糠肌を呈し、直湾れ調の刃取りで、刃中に小互の目、小丁字足、葉が繁く入る焼き刃は、刃縁に上質な沸を厚く付けて、匂い口が何とも柔らかで明るく冴えています。地に少し鍛えが出ますが、付属の外装は、黒漆藍鮫研ぎ出し鞘の肥後拵え、細かで美しく整った鮫、四分一磨き地の縁頭、小柄など、良い金具を使用した素晴らしい作、勿論特別保存鑑定書付きです。
肥前初代忠吉による、『五字忠吉銘』の脇差し、伝統的な直刃に美しい小糠肌を鍛えた同工典型作です。




















【売約済】商品番号:L-765 脇差し 肥前国忠吉 拵え付き 内外共に特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ