刀 東都住吉原国家精鍛之
(とうとじゅうよしわらくにいえこれをせいたんする)
昭和壬午十七歳五月吉日(昭和十七年)
柔則藁斬 剛則鉄截 国家鍛□ 既吾試腕 為桜井敏雄氏需


Katana:Toutoju Yoshiwara Kuniie



現代・東京 拵え付き



刃長:67.3(二尺二寸一分強) 反り:1.3 元幅:3.17
先幅:2.31 元重ね:0.78 先重ね:0.57 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌が総体的に良く詰んで、所々肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした刃文は、尖り風の刃、小互の目、小乱れを交えて良く沸付き、刃中足が良く入り、金筋、砂流しがうねるように烈しく掛かり、匂い口も潤むように明るい。 帽子、乱れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銀二重ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 初代国家は吉原勝吉と言い、明治二十六年、茨城県生まれ、昭和七年、栗原彦三郎昭秀が設立した、日本刀鍛練伝習所の入所第一号となり、師範教師であった笠間一貫斎繁継に師事、初銘は昭廣と言いました。昭和十年、渋谷頭山満邸内にある常磐松鍛錬所主任を務め、昭和十三年からは、陸軍受命刀工師範として、板橋造兵廠で鍛刀、始め東京都葛飾区高砂、後に世田谷区松原に住しています。昭和十七年、昭秀が定めた『聖代刀匠位列』では、『貴品上位 最上大業 検査役格』に名を連ねる、最上大業物鍛冶で、現在活躍中の無鑑査吉原義人、吉原荘二国家(二代)兄弟の祖父であり、師である名工です。昭和四十五年、七十七歳没。正宗、貞宗、虎徹、清麿などに範を取った作を本位とし、南北朝期の相伝備前、志津風の作もまま見受けられます。  
 本作は昭和十七年、同工四十九歳の頃の作、互の目乱れを主体とした刃文は、尖り風の刃、小互の目、小乱れを交えて良く沸付き、刃中足が良く入り、金筋、砂流しがうねるように烈しく掛かり、匂い口も潤むように明るいなど、相伝備前風の覇気溢れる出来映えを示しています。
 『柔則藁斬 剛則鉄截 国家鍛□ 既吾試腕』と切り付けてあるように、『柔らかいもの則(すなわ)ち藁を斬り、硬いもの則ち鉄を截断、自ら鍛えて、既に腕試しを行った』とあります。
 初代吉原国家が、昭和の最上大業物鍛冶としての本領を遺憾なく発揮した傑出の一振り、戦時中最強と評されたその斬れ味に加えて、刃の出来が素晴らしく、存分に楽しめます。
















商品番号:L-906 刀 東都住吉原国家精鍛之 拵え付き

価格: ¥570,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ