剣 遠州住磯部一貫斎光廣彫同作
(えんしゅうじゅういそべいっかんさいみつひろほりどうさく)
平成五年五月吉日 為塩田高久氏


Ken:Ensyuju Isobe Ikkansai Mitsuhiro



現代・静岡



刃長:66.3(二尺一寸九分弱) 反り:- 元幅:3.53 元重ね:0.78 穴1



 両鎬造り、鎬高い。 表は鎬樋に火炎不動、裏は鎬樋に梵字の彫り。 鍛え、地沸を厚く付けた繊細な柾目肌が柔らかく流れる鍛えは、地景をふんだんに交えて美しく整い、地鉄概ね精良。 刃文、直調の焼き刃は、刃縁に小乱れ、ほつれを僅かに交えて、刃中葉が繁く入り、波打つような太い金筋掛かる。 帽子、湾れ調で金筋烈しく掛かる。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 光廣は磯部光司と言い、大正四年生まれ、現静岡県浜松市中区佐藤で鍛刀しました。靖国刀匠としても活躍した、宮口一貫斎寿廣(靖廣)の門人で、師より『廣』の字を賜って、光廣と銘じ、一貫斎と号しました。宮口一貫斎一派は、浜部寿格、尾崎助隆系統に属します。同工は鎌倉期から南北朝期に掛けての備前物、特に長船長光、兼光、長義辺りを狙った作風を得意としました。
 本作は平成五年、同工七十八歳の頃の作、寸法二尺一寸九分弱、身幅3.53㎝の豪壮な長尺剣、作風は大和伝直刃、地沸を厚く付けた繊細な柾目肌が柔らかく流れる鍛えは、地景をふんだんに交えて美しく整い、直調の焼き刃は、刃縁に小乱れ、ほつれを僅かに交えて、刃中葉が繁く入り、太い金筋が波打つように走っています。地刃共に働きが豊富で、これぐらい長さがあると、迫力が桁違いです。 表裏には鎬樋、梵字、火炎不動の自身彫りがあり、絶妙なバランスの配置で刀身の美観を高めています。
 浜松の名工、磯部一貫斎光廣作、晩年円熟期に於ける注文打ち大和長剣、宮口一貫斎一派の代表工として、その実力を存分に示した意欲作です。














商品番号:L-921 剣 遠州住磯部一貫斎光廣彫同作

価格: ¥820,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ